スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2014.11.12

バリ島で自転車を借りて乗る

旅先で自転車に乗れたら便利だと思いませんか?バリ島は列車がないので移動は車かバイクですが、車だと駐車場所を確保する必要があったり渋滞に巻き込まれたり、バイクだと事故の危険があったりで慣れないと不安です。


その点、自転車であれば、基本どこでも好きなところに停められるし、渋滞も無関係だし、スピードもバイクに比べたら早くないので、それほど心配ありません。徒歩に比べて行動範囲も飛躍的に広がります。

今回バリ島で自転車をレンタルして、乗る時のポイントをご紹介します。

<どこで自転車を借りるか?>

最近、バリ島の多くのホテルが自転車を所有し、ゲストに貸してくれます。ホテルによって無料だったり、有料でも日本円で1日200〜500円程度と、とても安いです。自転車を所有してなくても、外部のレンタル自転車屋を通して、手配してくれるホテルもあります。

ホテルにレンタルサービスがない場合、街のレンタル自転車屋を利用します。パンクをした場合、パンク代がとられることはありませんが、破損や盗難にあった場合の弁償内容について確認しておくと無難です。

<自転車を借りるときのポイント>

ブレーキが利く、サドルの高さが調節できる等、基本的なことに加え、駐車する時用に鍵がかかるかをチェックします。籠が付いてる自転車は一見便利そうに思えますが、バリ島はひったくりがあるので、荷物は背中に背負うのがベストです。

アウトドア仕様のマウンテンバイクで、タイヤに泥よけがないと、道がぬかるんでいる場合、全身泥だらけになります。バリ島は、急にスコールが降ってきたりするので、泥よけの付いてるものを選んでください。

なお変則ギア付きものは、乗る前に動作を確かめて。走り出してギアを変えた途端、外れてしまったなんてことになると悲惨です。マーニは万一ギアが外れたら自分で直せないので(汗)ギアは触らないようにしています。

<自転車に乗るときのポイント>

外国では土地勘がないので、まず出発して4〜5分走ったら、いったん停まり、この5分間でどのくらい進んだか地図で確認します。すると、目的地へ行くのにどのくらいかかりそうだとか、1時間こぐとけっこう疲れるぞ等、ペース配分がつかめます。

スマホのGPSサービスが使えればよいのですが、海外だと地図を見てもよくわからないので、わかりやすい道を走り、要所要所のポイントを覚えておきましょう。帰ってくるときに道しるべになります。

日本と違って、バリ島は暗くなると電灯がないので、道路は真っ暗になります。たとえ自転車にライトが付いていても、バリ島は突然道に大穴が空いていたり、犬が吠えてきたり危険です。暗くなる前に必ず戻ってくることにしましょう。

ウブド等では坂が多いので、自分の体力を考えて移動しましょう。雨が降ってきたら、無理してこがずにカフェに入って雨が止むのを待ちましょう。

映画に出てくるような、素敵な風景を走りたい人用に、有料アクティビティとして郊外自転車ツアーがあります。また本格的に自転車に乗りたい人向けに、キンタマーニ山をマウンテンバイクでダウンヒルするツアーとかもあります。いずれも専任のガイドが付くので、自分だけでは不安な人は、こういうアクティビティに参加するとよいでしょう。アクティビティについてはお問い合わせください。

by mani

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アマデア・リゾート&ヴィラズ

アメティス・ヴィラ・バリ

テーマ

出発前
現地で
帰国後

PAGE TOP