スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2016.04.04

女子旅を楽しく成功させるコツ

最近流行と言うか、もはや定番化しているいわゆる「女子旅」ですが、24時間毎日顔を合わせる旅行となると、普段楽しくやっている友人同士でもちょっとした事で険悪な状況になる事もあります。そんな友達同士の旅行をお互いにストレスなく気持ち良く過ごせるように、旅のコツをまとめてみました。

1)食べ物の好みが合う人と行く
たとえば、辛いモノが苦手な人と辛いモノが大好きな人の場合、同じ店に行くのが困難になります。また日本食しか食べられない、洋食しか食べられない等、好みが違う人と旅行すると、どちらかが我慢をする事になります。恐らく普段から仲良しな友人同士なら、食の好みも判っているでしょうが、旅先で食の好みが合わない人と行く旅行程、最悪なものはないのでご注意を(笑)。ただ、東南アジアでもバリの場合は、タイ料理のようなパクチーはほとんど使われないので、それ程、香辛料を心配しなくても大丈夫です。


▲ バリ島でワルンと言われる食堂では、ショーケースの中に入ったお惣菜から、好きなおかずを選べる「ナシチャンプル」と言う料理があります。これなら個人で食べたいおかずをセレクト出来るので、簡単なランチとしてオススメです。

2)旅のスケジュールは予め相談する
旅行するメンバー同士で、バリでやりたい事を事前に挙げてみましょう。観光地はどこへ行きたいのか、バリ雑貨や石けん等の買い物、エステやスパ、アクティビティ、話題のレストラン等、意外に友人同士でもやりたい事が違う場合もあります。2泊4日、3泊5日等の日程の場合、やれることは限られるので、みんなの希望を聞いてその日程に合わせてスケジュールを組んでおくと安心です。そして予定が決まったら事前に、観光ツアーやスパ、レストラン等は予約しておけば、現地でフルブッキングで慌てて他を探したりするロスも無くなり、効率よく過ごせます。

3)ベッド割り
3人の旅行でエキストラベッドを使う時、誰がそこに寝るのか重要な課題が浮き彫りになります(笑)。年齢差がある場合は、年上の人にゆずり自分がエキストラベッドに寝ると率先して言うと好感度が上がる事間違いないでしょう。また、旅行の手配をしてくれた人や日頃お世話になっている人等も、同じように譲ってあげると良いでしょう。同じ年の場合は、ジャンケンで決めるのが1番でしょうね。そして、損得ないように毎日ローテーションして、エキストラベッドを使えば恨みっこ無しです。

2人の場合で運悪くツインルームが取れなかった時、キングサイズのベッドに一緒に寝る事になる場合もあります。そんな時は、ダメもとで上掛けを2人で分けてもらえるように、ホテルのスタッフにお願いしてみましょう。安いホテルの場合は、出来ない場合もありますが高級ホテルならまず、それぞれの上掛け布団でベッドメイクしてくれます。一つのお布団だと寝返りを打つのも気になりますが、上掛けが別ならほとんど気になりません。


▲ リッツカールトン・バリのツインルームは、シングルベッドも大きめサイズなのでゆったり眠れそうです。

4)シャワールームの順番
2人で一部屋に泊まる場合、シャワールームは一つしかないので、調整が必要です。たとえば、朝9時にはホテルを出て観光に行く場合、2人のシャワーを使う時間がかぶってしまうと大変です。前日の夜に済ませておくとか、早起きした人が早めにシャワーを済ませる等、お互いに気遣いしましょう。特に3人で一部屋に泊まる場合は、トイレも重なりがちですので気をつけて。また、シャワー後は、排水口にたまった自身の髪の毛をティッシュで取る等して、後から使う人に配慮するのもちょっとしたエチケットです。

5)旅の〆には華やかなレストランやルーフトップバーへ
楽しかったバリ旅行を盛り上げるためにも、最終日の夜はちょっと奮発してビーチサイドの高級レストランや眺めの良いルーフトップバー等に出掛けてみましょう。この日のためにいつもよりちょっとドレスアップして、オシャレしてみんなで出掛けると旅の良い思い出となるでしょう。あまりお金を掛けたくない場合でも、バーでアペリティフを頂くだけでも充分なので、みんなで一緒に写真を撮れば、帰国後もまたバリ旅行の話題で盛り上がれます。


▲ホテルの屋上にあるダブルシックス・ルーフトップからは、壮大な夕陽が楽しめます。

6)旅の割り勘はカードで
旅先での支払いは、現地でみんなでルピア(お金)を出し合って、一つの共有財布から支払いをすると言うのが一般的でしょう。ただ、バリ島の場合、一度に大金を両替するとお札が増えて大変な事になります。だいたいのショップやレストラン等、高額になる所はクレジットカードが使えるのでカードで支払い、帰国後日本で円で精算するのがスマートです。カード払いも順番に支払っておけば、それぞれの請求額の差額だけ精算すれば良いので、この方が断然便利で楽です。

いかがでしたか?大好きな友人同士でバリ旅行に行く時のちょっとした参考になれば幸いです。

by franny

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アマデア・リゾート&ヴィラズ

アメティス・ヴィラ・バリ

テーマ

出発前
現地で
帰国後

PAGE TOP