スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

安くて美味しいナシチャンプルの「ワルン バリ ブ アデ」

最近、ウブドの町中で気軽に利用出来るワルンが随分と減ったよねと嘆いていたら、ウブド好きの友達に教えてもらったのが「ワルン バリ ブ アデ(Warung Bali Bu Adi)」でした。

店名を訳すと、アデおばさん(イブ アデ)のバリ食堂、といった感じですが、お店を仕切るのはマデおばさんで、「マデ、マァデ、アデ」とニックネームのように付いた店名だそうです。

  

場所はハノマン通りの東側、トゥブサヨ村(Tebsaya)のスクマ通り(Jl. Sukma)になり、ユリアティ・ハウスの近くにあります。外観に大きく「Warung Bali Bu Ade」と書いてあり、おかずが沢山並んだショーケースが見えるので、すぐに判るでしょう。

こちらで頂けるのはごはんとおかずが盛り合わせになった、ナシチャンプル一品です。ショーケースに並んだお惣菜から、好きなおかずを選んでも良し、おまかせでも大丈夫です。ナシチャンプルは、この場で食べても良いし、お持ち帰りしたい時は「ブンクス」と言えば伝わります。

  

ショーケースには、サテ・リリッ(鶏のつくね)、テンペ・ゴレン(バリの納豆)、アヤム・ベトトゥ(鶏のスパイス煮)、アヤム・ゴレン(鶏の唐揚げ)、プレチン・カンクン(空心菜のサンバル和え)、ペペス・イカン(魚のバナナの葉の蒸し物)、テロール(煮卵)、ラワール(ココナッツの和え物)など、20種類ものバリの伝統的な手作りのお惣菜が並んでいます。サンバルも普通のサンバルの他、生のレモングラスを使ったサンバル・マタもあり、まさにバリのおふくろの味が堪能出来るワルンです。

  

  

2015年に行った時は、ブンクスのナシチャンプルがRp.20,000でしたが、おまけしてくれたり、おかずを味見させてくれたりと、たちまちこのイブマデの優しさに魅了されてしまいました。もちろん味も最高で、甘辛いテンペに、香ばしいサテリリッ、スパイシーなアヤム・ベトトゥなど、どれもとっても美味しいので、2回も行ってしまった程。

  

すっかりマデおばちゃんのファンになった私は、バリ好きの友人を連れて2017年5月に再訪しました。身体は小さいけれど、相変わらず元気でパワフルなマデさんは、ステキな笑顔で迎えてくれました。

お任せで頼んだナシチャンプルは、一皿、Rp,25,000(約200円)と、少しだけ値上がりしていましたが、それでも良心的なお値段ですね。全て、マデさんの手作りのナシチャンプルは、彼女の思いが込められているかのように美味しくて、これを食べるだけで元気になれるパワーフードのようにも感じます。飲み物は、エステタワールと言う、砂糖抜きのアイスティを注文して、Rp.5,000でした。

  

イブマデは、とにかくスマホで記念撮影をするのが大好きで、今回もみんなで撮影してFacebookを通じて、お友達にもなりました。後日談ですが、ウブドのお寺にお参りに行った時は、私たちの健康まで一緒にお祈りをしてきてくれたとメッセージがありました。インドネシア語はあまり出来ない私ですが、優しく温かいマデさんのナシチャンプルをまた是非、食べに行きたいと思います。

  

ちなみに2015年は、お店の壁は緑色で、イブマデのエプロンは緑色でしたが、2017年に行った時は、壁は黄色に塗り替えられ、イブマデの洋服も真っ黄色(笑)。どうやらトータルカラーで整えるのがお好きなようなので、次回行ったら真っ赤に期待します。

by franny(2017/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP