スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

コマネカ・タンガユダで忘れていた優しさを取り戻す

たくさんのホテルを訪れるマーニですが、これほどまでに「去りたくない」と思わせたホテルは久しぶりでした。

世界最大のイスラム人口国であるインドネシアにあって、孤島という地形から、バリ・ヒンドゥー教という独自の宗教を育んできたバリ島。祈りの中から絵画、彫刻、舞踊、建築等「バリ・ヒンドゥー芸術」という、世界でも類を見ない独自の芸術世界を発展させてきました。

私達外国人が、バリ人達の儀式や、村々に飾られる祭事の装飾を見ても、それがどういう意味か正確にはわかりません。しかし若い女の子が、お盆にたくさんのお供え物を持ち、花に含ませた水(聖水)をかけ、道端で静かに祈っている姿を見た時、その意味はわからなくても、バリ・ヒンドゥーが何を守り、何を願っているのか、自然と感じられるのではないでしょうか。

  

  

オーナーにしてアーティストでもあるバリ人王族の一人がコマネカ・タンガユダを造りました。秀でたオーナーで、外国人のお客様が宿泊するのに困らないよう、客室や施設は西洋風にデザインし、しかし、そのあらゆる部位にバリ・ヒンドゥー芸術のエッセンスを散りばめました。ゲストは、クローゼットの中からスリッパを取り出した時、レストランのテーブルに座った時、そこかしこにバリらしさ感じます。なにより、働いているバリ人スタッフがバリ・ヒンドゥーを体現したもので、優しく、しかしが適確にゲストにサービスします。

コマネカ・タンガユダでバリらしさに包まれる時間を過ごす。すると不思議なことに、自分の中に、人に対する優しさや、自然を慈しむ心を取り戻していることに気付くでしょう。そんな癒やしのホテルの特徴をご紹介しましょう。

  

♥マーニのひとこと♥
全部で4軒あるコマネカ・グループのうち、郊外にあるタンガユダはお籠もりするのに向いています。もっと機動的に街歩きを楽しみたい人は、タンガユダのような雰囲気に似ているコマネカ・モンキー・フォレストが良いでしょう。

■ 良い点 & 惜しい点 ■
☆アートと快適性の融合
デザインに優れたアーティスティックなホテルは、見る分には良いんだけど、実際泊まってみると使い勝手が悪かったという場合がありますが、コマネカの場合、そのバランスがよく考えられています。木材や布を多用しているので、田舎風な部屋かと思いきや、よく見ると、基本は西洋風な快適な間取り、造りになっています。バス・タブが屋外にある部屋でも、独立シャワーブースは室内に設置する等、ゲストの居心地を考えています。全室蚊帳付き「お姫様ベッド」を用意しており、女性はうっとりだし、実際寝るとき、ベープマットを切ったまま虫に刺されません。

  

  

☆自然の地形を生かしたロケーション
山の頂上にホテルが建っているため、敷地内はアップダウンがありますが、その分、ホテル内で探検気分が味わえます。またジム、スパ等施設が充実しているので、長く滞在していても飽きることがありません。レストランには、多少見栄えが悪くなるものの、足腰の弱い人のためにエレベータを設置する等、わりきって不便さを解消する設備は理にかなっていると思います。

  

☆バリ・ヒンドゥーを体験できるアクティビティ
施設や部屋だけでなく、ホテル内ではバリ舞踊体験教室等、様々なアクティビティを行っています。バリの雰囲気を違った形で楽しめますね。

☆地元を愛するスタッフ達
スタッフの多くが地元ウブド出身で、中には初代コマネカ・モンキー・フォレストのオープン当初から勤めているスタッフも多いです(スタッフは時にホテル間で異動するそうです)。その土地を愛する気持ちが、スタッフの丁寧で優しい態度に現れるようです。

  

★ホテル内に木々が鬱蒼と茂っているので、せっかく掃除しても、テラスやプールに葉が落ちてきます。まあこれは仕方ないですね。
 
  

★TIPS★レストランにしてもギャラリーにしても、全ての施設がオープン・エアーです。ウブドの夜は気温が低くなるので、羽織るものを持って行ったほうがよいでしょう。また当然ですがヴィラには暖房がありません(笑)。厚手のスウェットなど、温かい部屋着、寝間着を持って行くのとおすすめします。

♦客室カテゴリーの選び方♦
▪コマネカ・タンガユダの客室は、部屋の基本的設備は同じで、プライベート・プールと眺めが異なります。

▪まず全部で5つあるカテゴリーのうち最下位のスイート・ルームのみプライベート・プールがありません。しかし涼しい山の中にあるホテルなので、7〜9月の気温が低い時期は寒すぎてプールには入れないかも。プールはメイン・プールに入るから良いという人は最下位のスイート・ルームで十分です。

▪また、ヴァレー・ビュー(渓谷の眺め)が楽しめる部屋は上位3つですが、渓谷と言っても、いわゆるアユン渓谷沿いにあるようなすごいビューではなく、それが楽しめるのは、最上位のバレ・デジャ(2ベッドルーム)のみです。眺めはストランで楽しめれば良いという人は(レストランからの眺めは良い)、コートヤード・プール・ヴィラで十分です。

▪ヴァレー・プール・ヴィラ(下左の写真)とプレミア・ヴァレー・プール・ヴィラ(下右の写真)は、後者のほうが若干明るい雰囲気がありますが、あまり差は感じられませんでした。後者のほうがプールが格段に大きくバスタブが室内なので、プール重視派、虫苦手派はプレミア・ヴァレー・プール・ヴィラで。

  

▪色々書きましたが、裏返すとコマネカ・タンガユダは、どの客室カテゴリーも素晴らしいので、最終的には予算で選ぶのが正解です。
by mani(2015/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP