スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ゆったりした時間が流れるペニーダ ビュー ビーチ ホテル

ペニーダ・ビュー・ビーチ・ホテルは1974年にオープンしたサヌールでも老舗のオンザビーチのホテルです。ここ数年は隣のマヤ・サヌールの工事の騒音が気になり避ける人も多かったでしょうが、そちらの工事も無事完了し、また平穏な日々がペニーダに訪れています。

ホテルは古いですが、リノベーションも随時行われており清潔です。シンプルな部屋でアメニティなども簡素ですが、その分オンザビーチのホテルにしては低価格なのが魅力です。手厚いサービスは望めませんが、お願いすればスタッフは笑顔で答えてくれます。

ホテル全体にゆったりした時間が流れているので、何もしないと言う贅沢な時間が楽しめます。サヌールは特にシニア世代の人に特に好まれるエリアで、確かにこのホテルもリタイアした雰囲気の老夫婦や子連れのファミリーなどが目立ちましたが、逆にそれが味となっています。

ビーチはバリの東側に面しているので朝日がとてもきれいです。ビーチサイドには舗装された道がずっと続き、早朝から散歩やジョギングする人が多いので、のんびり歩いてみるのもおすすめです。

  

  

♥フラニーのひとこと♥
2009年以来、6年振りの宿泊となりました。何も変わっていないだろうと思っていたのですが、ちょこちょこリノベーションがされてあり、Wi-Fiが部屋の中でも通じるのは嬉しい驚きでした。滞在中はプールサイドで読書したり、ヨガに行ったり日頃、日本で忙しくて出来ない事を楽しめました。徒歩圏内にバリブッダやズーラなども出来ていて、コンパクトに動けるのがサヌールの良さでしょう。隣のマヤ・サヌールはビーチ側から行けば直ぐなので、モダンな雰囲気が恋しくなったら、こちらのビーチ・カフェで飲むのも良し。

ペニーダビューのご予約、詳細情報はこちら

■ 良い点 & 惜しい点 ■
☆プライバシーも安心
バンガロー・ヴィラ(Bungalow Villa)に2泊しました。ヴィラと言うよりはバンガローと言う方がピッタリでしょう。部屋の入り口に石の壁があり、プライバシーがきちんと守られます。また、ベッドルームは窓が3面あるので採光が良く、壁のお陰でカーテンを開けていても外から人に見られる心配がありません。

☆使い勝手の良い部屋
ベッドルームとバスルームの間に、クローゼット、ドレッサーがある空間があり、そこにスーツケースを置けます。この小部屋があるお陰で、衣類はすっきりと収納出来るし、ドレッサーのお陰でメイクをする場所がきちんと取れるので、私物がベッドルームに散らばりません。エアコンがあるのもGood!

☆リノベーション済みのバスルーム
バスルーム等の水回りがきれいになっていました。トイレに至っては手動ダイヤル式で水とは言え、ウォッシュレットが付いているのは嬉しかったです。バスタブは無く、シャワーのみですが、水圧もしっかりありお湯がバッチリ出ます。

    

    

  

☆美味しい朝食
レストランで頂く朝食が、以前泊まった時よりも充実していました。ジュース、フルーツとメインを一品選べます。メインはイングリッシュ・マフィンとソーセージを注文してみましたが、ハンバーガーのようなパテがマフィンにサンドされてあり、目玉焼きとチーズも乗って美味しかったです。コーヒー、紅茶はセルフサービスですが、海を見ながら頂けるのが何よりのごちそうです。ランチに頂いたミーゴレンは普通でした(笑)。

    

    

    

☆選べるプール
ホテルの規模の割にプールが4つもあり、子供用もあるので好みのプールを選べるのがマル。ビーチタオルはフロント横にあり、使い終わったら自分で返却します。フロント近くの大きなプールは、木製の長く大きなベンチがあり、そこにビーチベッドを好きな場所に置くユニークなスタイルです。


  

  

★タオルはバスタオルと小さめのタオルの2種類。またバスアメニティは、リキッドソープ、シャンプー、シャワージェルのみです。冷蔵庫が古いせいか、モーター音がうるさかったので、夜は電源コードを抜いて対処しました(笑)。

ペニーダビューのご予約、詳細情報はこちら

★TIPS★
サヌールのメイン通りに面しているので、どこへ行くのも便利です。サヌールにはベモと呼ばれる乗り合いバスが走っているので、それを使えば歩く必要もありません。タンブリンガン通りなら、1人Rp.5,000くらいです。

by franny(2015/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP