スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ディシニ・スパの「CIBオール・ユー・キャン・スパ」

バリ島から日本へ帰るフライトはだいたい深夜便が多いですよね。そうすると通常お昼にホテルをチェックアウトしてから、飛行場へ向かうまでおよそ10時間前後!この長い時間をどうやって過ごすかは、バリフリークの人達の間でも常に話題になる問題です。

最終日の過ごし方は大旨3つに分かれます。
1)宿泊ホテルをデイユースする。もしくはもう一泊部屋を取る。
2)観光や買い物をして時間を過ごす。
3)スパでのんびり過ごす。

ここでスパ好きなあなたに一押しなのが、専用のヴィラで8時間も好きなスパトリートメントが受け放題のディシニスパの「CIBオール・ユー・キャン・スパ」です。

  

ホテルのデイユースはだいたい、長くても夕方4時くらいまでしか使えません。それ以降になるともう一泊の宿泊料金が発生します。ホテル代に料金を支払うならば、スパで自分磨きに投資する方が身体も心もリラックス出来てお得だと思う、賢い旅行者にも今大人気のパッケージです。

「CIBオール・ユー・キャン・スパ」は以下の内容が含まれて、一人US$199(税・サ別)です。スパヴィラの利用時間帯も好きに選べるので、自分の帰国のフライト時間にピッタリと合わせる事が出来るのがポイントです。

オールユーキャンスパに含まれるもの
  • 8時間のお好みのトリートメント受け放題(一部対象外有り)
  • 南部エリアのホテルと空港までの往復送迎
  • 独立したヴィラタイプのスパ棟のご利用(ソファ、バスタブ、シャワー、トイレ、軽食、ドリンクをとるくつろぎスペースが完備
  • ウェルカムドリンクとウェルカムデザート
例えば、ご自身のフライトが深夜12時とすると、空港へは約2時間前に到着すれば良いので、ディシニスパを9時過ぎくらいに出発すれば余裕で空港へ到着します。もっとフライトが遅い方の場合は、スパトリートメントは夜11時までしか受けられませんが、スパヴィラで出発まで過ごす事も大丈夫です(ご宿泊は出来ません)。

  

また、ディシニスパはスミニャックのレストランやブティックなどが立ち並ぶとても便利な所にあるので、休憩時間にちょっと買い物へ出かけたり食事に行く事も出来ます。もちろんスーツケースもスパヴィラへ持ち込めるので、着替えや荷物の入れ替えも思うままです。

8時間のスパ受け放題とスパヴィラがプライベートに使えるだけで、スパのクオリティー自体はどうなの?と思われた方、ここでフラニーが強調したいのは、ディシニスパはトリートメントが本当に素晴らしいスパなのです。

バリ島のスパの値段がピンからキリまであるのは、まず施設の快適度にあります。安いスパには室内にトイレやバスタブがなく、いちいち移動しなくてはいけない不便さがあります。しかしディシニスパは、独立一棟建てのヴィラタイプで室内にトイレ、シャワー、バスタブ、冷房も完備されていてプライバシーも万全です。

  

また、スパに使用する製品ですがディシニスパで使用される製品は、全てこだわりのある厳選したプロダクツが使用されている事です。

例えばマッサージに使用するベースのキャリアオイルは食用にも使用される輸入品のバージンエクストラ・オリーブオイルです。バリ島の多くのスパでは、自国で生産されるリーズナブルなココナッツオイルを使用する所が多いのですが、敢えてディシニスパでは最高級のビタミンEがたっぷりのバージンエクストラオイルを使用し、加えるアロマオイルも全てフランスとイタリアから輸入し、ディシニスパでオリジナルに配合されたマッサージオイルを使用します。

バリ島で海外からスパの製品を輸入するのは、昨今大変なコストがかかるのですが、お客様に安心して最高級のトリートメントを受けてもらいたいと言う、ディシニスパの志(こころざし)の高さの表れです。またディシニのオーナー夫人自身がスパの品質向上にとても熱心で、自分が受けて満足出来ない製品は使用したくないと言うのも理由です。

今回フラニーはディシニスパでも一番人気と言われる、「アビヤンガンマッサージ」を受けてみましたが、このマッサージに使用されるオイルの滑らかさと言ったら、他では経験出来ない気持ち良さでした。思わず終わった後で何のオイルを使っているのか聞いたところ、前出の全てインポートの厳選されたオイルを使っていると言う答えが返って来たのです。ディシニスパではこのマッサージに使用するオイルが好評で、お客さんからも是非販売して欲しいと言う要望が多くなったため、販売を始めました。

  

このアビヤンガンマッサージは、セサミ、ハニージンジャー、レモングラス、ラベンダーなどの全身のデトックスやリラクゼーションにも有効なオイルが配合されているので、疲れている方には特におすすめです。肘や手の平を駆使して、全身を面で捉え大きく促すマッサージ技法は、筋肉組織に余計な負担を掛ける事なく優しく且つ、大胆に揉みほぐして行く素晴らしい手法でした。

アビヤンガンの後にはシロダーラやヘッドスパもおすすめです。また、フェイシャルにはフランスの「デクレオール・エクスプレス・アロマティック・フェイシャル」も、このパッケージで受ける事が可能ですのでぜひフェイシャルも受けて頂きたいと思います。もし、他のデクレオールメニューも全て受けたい!と言う方にはデクレオールのメニューも受け放題になる、デラックスバージョンもあるのでおすすめします。

  

また、スクラブやジャムーなども一切作り置きはせず、お客様が到着してスパを受ける時間に合わせ、スパ用の工房で作られるのでとてもフレッシュな素材が使用されます。この日の仕上げに入ったハーバルバスでは、贅沢な量のライム、カフェライム、ジンジャー、レモングラスの他に煮出したばかりのジャムーが目の前で投入されました。バスタブに入ると爽やかなハーブの香りがあふれ出し、ハーブの効果で身体が芯から温まりました。

  

あまりの気持ち良さに外へ出るのが面倒に感じたら、料理が美味しい事でも評判のディシニヴィラのコックが腕を振るう、ハンバーガーやナシゴレン、ピザなどの食事をヴィラに取る事も可能です。バリ島滞在最終日は思う存分に優雅に高級サロンでリラックスしてみませんか?
by franny(2010/06)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP