スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

ローカルに人気のワルンがウブドに進出「ルマ マカン クダトン ウブド店」

「ルマ マカン クダトン」は、バリ島内に複数店鋪を持つ人気のワルンです。2017年5月、テガルサリに宿泊した所、ウブド店がプンゴセカン通りにオープンしていたのでランチに行ってみました(テガルサリの駐車場入り口)。ちなみにお店は、デンパサール市内にもありますが、観光客にも行きやすいのはクタ店、サヌール店、そしてこのウブド店でしょう。

  

クダトンは、インドネシアの様々なお惣菜を選び、ご飯と共に一皿に盛り合わせてくれるナシチャンプルが有名です。店先のショーケースに並んだおかずのカラフルなこと!特にウブド店では、お総菜に料理名と価格が書いてあるので、初めてのバリの方でも安心して利用できるでしょう。

一つずつ選ぶのが面倒な場合は、英語で書かれたセットメニューがあるのがうれしいですね。Rp.25,000〜Rp.33,000で、チキンやビーフ等、ワルン初心者におすすめです。

  

私はショーケースから単品のおかずを指差して選びましたが、野菜料理は1品、Rp.3,000〜、肉料理でRp.10,000〜と良心的な価格です。欲を言えば、肉系のおかずが多いので、個人的にはもうちょっと野菜のお惣菜があると嬉しいかな(笑)。

今回は、テンペ、ペペスイカン(魚のバナナの葉のスパイス包み焼き)、アヤムサンバルマタ(鶏肉の和え物)、テロール(卵)の4品チョイスでRp.17,000(約140円)で、サテとビーフをメインに選んだ相方は、Rp.30,000(約250円)でした。基本的に野菜料理は安く、肉、魚系は少しお値段が上がります。

  

ナシチャンプルは、ブンクスと言ってお持ち帰りも出来ますが、店内で頂く場合は黒豆のスープが付きます。このクア ウンディス(Kuah Undis)と言うスープは、シンガラジャ周辺で有名なスープらしいのですが、飲んでみると見た目とは裏腹にスパイシーで驚きますが美味しいんです。バリの人達は、スープはスプーンですくって、ご飯にかけて食べる人が多いですね。

  

飲み物は、ビンタンビールが、Rp.25,000、エス テ タワールと言う砂糖抜きのアイスティーがRp.5,000でした。ナシチャンプルの味付けは、ちょっと濃いめの甘辛系で、白いご飯にピッタリです。唐辛子系の辛みはそれ程でもないので、辛い物が苦手な方もいけると思います。

  

  

ちなみにルマは「家」、マカンは「食事」と言う意味で、自宅のように肩肘張らない台所と言った感じでしょうか。ハノマン通り南部、パダンテガル周辺には、こうしたローカルな雰囲気のワルンがすっかり減ってしまいました。カフェ風な店鋪は新しく、2階席もあり清潔で広々しているので、ゆっくり座って食事ができます。
 
最近のウブドは物価が上がっていますが、明朗会計で美味しいナシチャンプルが食べられるワルンは、長く続いてほしいものです。

※価格には税金、サービス料が含まれています。

by franny(2017/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP