スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

泊まってわかったカタママホテルのキーポイント

2017年GW、友人とカタママホテルに泊まりました。バリには魅力的なホテルが数あれど、カタママって他とは違うユニークなホテルなので、一度泊まってみたいと思っていたからです。

タクシーでホテルゲートに到着すると、そこからはホテルカートでカタママのロビーまで送ってくれます。フロントでスタッフにチェックインを告げると、すぐにお部屋に案内してくれました。

  

  

☆チェックインはデジタルで
部屋に入るとソファに促され、ゆっくりと座ってチェックインの手続きをします。パスポートをタブレットで撮影し、電子ファイルにサインをすると言う新システムに驚きました。

また、私たちは、1番下のカテゴリーの「ガーデンスイート」で予約していたのですが、通された部屋はアップグレードされた「プールビュースイート」でした。後で気がついたのですが、ガーデンは半地下になるので若干部屋が暗いかなと思ったのでラッキーでした。

  

  

カタママ・ホテル・バリの基本ホテル情報、ご予約はこちら

☆大きなカチ割り氷がたっぷり準備されているバーコーナー
なんと!カタママでは、ウェルカムドリンクも部屋のバーカウンターでスタッフが作ってくれます。アルコール入りのカクテルとノンアルコールから選べ、モヒートをお願いするとすぐに用意をしてくれました。私もシェーカーを振ってもいいかと聞いてみると、全然問題ないと言う事で一つは自分で作ってみましたが、これは楽しい。おまけにこのバーに設置されてあるアイスクーラーボックスには、大振りのカチ割り氷がたっぷりと用意されているので、氷は使い放題。こんなホテル見た事ない(笑)。

  

  

☆飲みたい時にカクテルメイキング
バーカウンターが部屋にあるホテルも初めてですが、「バニラテキーラ」「レモングラス ジン」「ローステッド パイナップル アラック」等のオリジナルのハードリカーが用意されているのも驚きでした(別途有料)。タンブラーからシャンパングラスまで、種類豊富なグラスがあり、バーセットまであるので、いつでも好きな時にお酒やジュースが飲めるのはうれしいですね。シンク付きなので、レモンとライム(無料)はここでカットして使え、手やナイフを洗ったり、実際に使いやすく実用的なバーコーナーには、元バーテンダーの私も感心しました。

  

☆部屋に届けられる挽き立ての香り高いコーヒー豆
コンプリメンタリーのコーヒー、紅茶は「1/15」が用意されてあり、紅茶は4種類ありました。そしてコーヒーは、飲みたい時に、オーダーすると挽きたてのコーヒー豆を部屋に届けてくれると言う懲りようです。カタママでは無料のクッキー他、毎日オシャレな器に入ったエクレアやチョコ等のスイーツがお部屋に届くので、このお菓子と一緒にテラスでティータイムを楽しみました。

  

  

カタママ・ホテル・バリの基本ホテル情報、ご予約はこちら

☆ポテトヘッドで気分アゲアゲ
カタママには緑が茂るシックなプールがあるのですが、オンザビーチのポテトヘッドのプールや施設も無料で使えます。スタッフさんの方から、サンセットタイムにポテトヘッドでお過ごしになるのはどうですか?と提案頂き、夕方5時半に席を予約してもらいました。ポテトヘッドは大人気のビーチクラブで、自分で予約を入れようと思うと早くから押さえる必要があり、サンデッキチェアやカバナ席は有料なのですが、宿泊特典で無料で席を押さえてくれるのです。

予約した時間に行ってみると、なんとビーチの最前列のカバナ席に案内されました。目の前に広がるスミニャックビーチと青い海に、気分も上がり、ついついスパークリングワインをボトルでオーダーしちゃいました(飲食代は有料です)。混雑しているバーコーナーの人達を尻目に、ゆったりと海を見ながら寛げるのはセレブっぽくてポイント高いですね(笑)。

  

  

☆ダブルシンクで使い勝手の良いバスルーム
大きな窓ガラスが設置されたバスルームは、外光が入るので明るくて使いやすいです。ダブルシンクになっているので、2人で同時に顔を洗えるのも女子旅にはポイント高し。プール側から見ると、開口部が45度斜めに設計されてあるので、外から見えにくい造りになっています。

バスアメニティは、中身が判りやすいようにプリントされた袋入りで、このイラストもかわいい。またオリジナルのフェイススクラブやルームミストまで用意されてあるのもグッド。この藍染めのポーチは無料ではありませんが、欲しい場合は別途購入も可能です。

  

  

☆こだわり素材で手を抜かない朝食
朝食は併設レストラン、モヴィーダで頂きます。メニューから飲み物、パン、メインを選択するタイプです。初日は、スロープレスジュース、アーモンドクロワッサン、エッグベネディクトとサイドはアスパラガスを注文したら、パンの上に分厚い自家製ベーコンと濃厚なオランディーズソースがかかって出て来ました。流石、熟成肉こだわっているモヴィーダだけあり、このベーコンがとても美味しくて、ワインと一緒に頂きたいようなお味でした(笑)。

翌日は、ちょっとヘルシーにジュース、アイスカフェラッテ、パンオショコラとアサイーボウルにしてみました。焼きたてのパンオショコラは、サクサク、パリパリの生地でチョコも濃厚で美味しいし、酸味の効いたアサイーは、グラノーラ、ココナッツ、ベリー類が乗ってあっさりと頂けました。丁度、シェフが厨房から覗いているところに遭遇しましたが、下のスタッフだけに任せずきちんとお料理を作っているんですね。

  

  

カタママ・ホテル・バリの基本ホテル情報、ご予約はこちら


カタママは、バリ島の他のホテルとは全く違う路線を進む、超個性的なデザインホテルですが、実際に泊まってみてソフト面もハード面も満足高いホテルでした。敢えて難点を挙げるとすれば、2ベッドルームにしかツインベッドがないのですが、広いキングサイズのベッドなので、女性2人で寝ても全く問題無し。

ミッドセンチュリーにまとめたセンスよくオシャレな部屋は、意外にも実用的で居心地が良く、ここに住みたいと思える程。ホテルのスタッフはカジュアルなんだけど、きちんとしたサービスにも感心したし、久しぶりに「帰りたくない」って思ったホテルでした。いつかターンテーブル付きのカタママスイートに、音楽やお酒好きのエピキュリアンな友人達と泊まってパーティしたいな!

  

  

  

▶ マーニの参考レビューはこちら

by franny(2017/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP