スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

モーベンピック バリの「アナラサ」レストランで充実の朝食ビュッフェ

ジンバランのモーベンピックに滞在中、メインレストランのアナラサで朝食を頂きました。大型ホテルのレストラらしく、開放感溢れる広いレストランで、テラス席とエアコンの効いた室内席があります。朝食はビュッフェスタイルで、室内席の中央にオープンキッチンがあり、好きなモノを好きなだけ頂けるスタイルです。

  

  

特に目を引くのが、レストランに入って直ぐ左手にあるベーカリーコーナーです。焼きたてのパンは、クロワッサン、マフィン、ペストリー類から、フランスパン、ライ麦パンのハード系のパン等、常時40種類以上が並び、ちょっとしたパン屋さん並に種類豊富なパンが揃います。中でもクロワッサンの生地はパリパリ、イチゴのデニッシュはカスタードクリームも美味しく、クオリティが高くて驚きました。

  

  

ワッフルやパンケーキは目の前で焼いているので、甘い良い香りに食欲もそそられます。これらのトッピングは、自家製のマンゴーやラズベリーのフルーツソース、巣蜜(ハニーコム)の生はちみつ、ドライフルーツ、ナッツ等、盛り沢山の内容です。

  

バニラソースは、本物のバニラビーンズを使っているので香りがよく、甘みもソフトで美味しかったです。本家がスイーツ会社だけあって、この辺りのラインナップは抜かり無ないですね。

  

ジュースバーでは、好みのカットフルーツを選んで、その場でジューサーにかけて新鮮なジュースを作ってくれます。さらにオレンジ、グァバ、パイナップル等のジュースから、バリらしくジャムーも用意されていました。

  

コールドカットは、各種ハム、チーズ類が揃い、サラダバーも充実していました。ハム類は専任のスタッフが、その場で無くなった分だけ補充しているので、いつでも切り立てが頂けます。チーズはスイスのホテルらしく、ラクレットをその場で焼いたトロトロのチーズも頂けます。

  

温かい料理は中央のオープンキッチンに揃います。卵料理は、目玉焼き、スクランブル、オムレツ等、好みのスタイルで注文出来ます。

  

麺類、スープのコーナーでは、日替わりでソトアヤム、味噌汁、バクソ、フォー等がありました。アジアン系の麺類やスープを朝に頂くと、ホッと出来るし美味しかったです。

  

メインは、ソーセージ、ベーコン、ポークビーンズ、ベークドトマトから、中東系のフムス等珍しい物も。インドネシアン料理には、ナシゴレン、ミーゴレン、カレアヤム(チキンの煮込み)、テロール(煮卵)等が、毎日日替わりで出て来ます。サンバルは、サンバルマタやサンバルボンコット等、数種類揃っているので、白いゴハンにおかずを合わせて、自分好みのナシチャンプルも作れました。

  

何気に良いなと思ったのが、子供用朝食ビュッフェコーナーです。奥でキッズルームと繋がっているので、ファミリー層にはとても使い勝手が便利です。また、小さなお子さん連れのゲストは、このキッズコーナー近くのテーブル席に集まるので、ファミリー層とその他のカップルやグループのエリア分けが自然と出来ているのも感心しました。

  

全体的にビュッフェと言うと、雑多なイメージがありますが、アナラサレストランは、食材も良い物を使ってあり、クオリティの高い朝食を提供し、スタッフのサービスもとても良かったです。

モーベンピックと言えば日本未上陸のアイスクリームが海外では有名ですが、朝食時からこのアイスクリームが数種類用意され、食べ放題というのもスイーツ好きな方にはたまらないでしょう。

  

アナラサの朝食は、ライブ感が楽しく、食べて美味しくと、すっかりハートと胃袋を掴まれてしまった私は、次回もこのホテルに泊まって、ゆっくり朝食を頂きたいなと思いました。一人旅、グループ、カップル、ファミーリーとどんなシチュエーションにもオススメですよ。

※宿泊者の朝食以外は、別途、税金、サービス料として21%がかかります。
 

by franny(2017/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP