スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

バリ島クロボカンにあるおしゃれな「ピソン コーヒー」でカフェマキアートを飲んでみました

バリ島は年間平均気温が28度と高いので、街歩きをする際はこまめに水分補給をする必要があります。ビールやフルーツジュースも良いですが、東洋医学で体を冷やす効果があるといわれているコーヒーはどうでしょう?(反対に、紅茶は体を温める)。

スミニャックのプティティンゲット通りを歩いていると、2階建ての外観でちょっと雰囲気の良さそうなピソン コーヒーがあったので、入ってみることにしました。

  

カフェ入口に屋外テーブルもありましたが、暑いのでエアコンの効く店内へ。中央に階段のあるフロアは吹き抜けになっており、思った以上に広い。「Pison」という店名は、お店の人によるとジャワ島にある川の名前とのことで「ピソン」と発音するそうです。

メニューを見るとエスプレッソ(Rp. 23,000)、ロングブラック(Rp. 30,000)、フラットホワイト(オーストラリアでポピュラーな、カプチーノより泡とクリームが多いエスプレッソ。Rp. 30,000)等、色々な種類があります。

  

モカの種類にマロッキーノ(チョコを加えたエスプレッソの)があったり、アイスキャラメルマキアート等、スイーツ系のコーヒーがあるのは世界的なトレンドですね。アイスコーヒーのアイスクリーム乗せ(Ice Coffee with Ice Cream)があったので、クリームソーダがあるかと探しましたがありませんでした(笑)。やはりコーヒー専門のようです。

エスプレッソは、リストレット(通常量の豆を通常の半分の量の水で抽出するショートショットのエスプレッソ)や、ルンゴ(=ダブルエスプレッソ)が選べたり、香り付けのヴァニラやベビーチノ(Babycino、クリーミーに泡立てたミルク)などオプションもあります。

  

注文したマキアート(Rp. 30,000)が、最近流行りのまな板風ボードに載って運ばれてきました。スマトラ産のコーヒー豆ということで酸味が強く、深入りが好きなマーニにはちょっと酸っぱすぎました。しかしきちんと抽出され香りが良く、すっきりした味わいでした。

店内Wi-Fi無料で壁に電気コンセントが多いので、ノートパソコンを持って仕事をしている人が多かったです。またカフェにしては食事やスイーツメニューが充実しているのでガッツリ食べてる人もいました。

定期的にバンドのライブ演奏もやっているようで、音楽ガンガンのバーを好まない人なら、ディナー後ピソンコーヒーにカプチーノ(Rp. 30,000)を飲みに来てもいいですね。

※料金には税金10%、サービス料5%が加算されます。
by mani(2016/06)

詳細ページへ戻る

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

マジョリのロマンティックディナー

アメティスヴィラレストラン

ディシニスパ特価メニュー

一覧へ

おすすめのレストラン&ショップ

PAGE TOP