スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

「ル ムーラン」は、仏イケメンオーナーシェフが腕を振るうクレープ屋さんです

2016年6月、ウブドに滞在中、ホテルの朝食に飽きたので、プンゴセカンに新オープンしていた「ル ムーラン クレープリー(Le Moulin Crêperie)」に行ってみました。場所はテガルサリから南下すると、始めのゆるいコーナー辺り。いつも外国人観光客で賑わうメキシコ料理のタコ・カサの並び、または、イタリアンのマンマミーア向かいになります。

  

ル・ムーランを語る上で、まず声を大にして言いたいのが、オーナー兼シェフのトマさんがイケメン(正直言って、ウブドに置いておくには惜しいくらいにカッコイイ)! 店に入ってまず私のアンテナがピピピっと鳴って、振り向くと、キッチンでクレープを焼いているステキな白人男性にロックオンされました。すぐに取材と称して、写真に動画を撮りまくったのは言うまでもありません。ちなみに同じフランス人の男性(従兄弟)が共同経営者で、こちらもちょっとワイルド系でカッコいいんです。

  

さて、クレープに話を戻します(笑)。日本でクレープと言うと、甘いスイーツ系の生クリームやチョコレートまみれを想像しそうですが、本場フランス(ブルターニュ)では、お食事系クレープと言うジャンルがあるのです。

チーズやハム、卵、野菜等が入った、塩味の甘くないクレープは、クレープ・サレ(crêpe salée)と言い、ル・ムーランでは小麦粉を使った白い生地と、ガレットと言われるそば粉のクレープの2種類から選べます。また、甘いスイーツ系タイプはクレープ・シュクレ(crêpe sucrée)と言い、バター&シュガー、バナナ&チョコレート等がメニューにいろいろ載っています。

オーダーが通ると、本場でも使われるクレープ専用の鉄板を使って、トマさんが器用にクレープ生地を薄く伸ばし、いろいろな具材を入れて焼き上げます。

  

下の写真は、マーニがオーダーしたクレープ・ムーラン(Rp.64,000)です。スクランブルエッグ、ソーセージ、べーコン、チーズ、トマトが入った、クレープサレで、中に具材がぎっしりと詰まってボリュームも満点です。バターの香りが食欲をそそります。

  

私は写真下左の、目玉焼き、ハム、チーズが入った、クレープ・コンプリート(Rp.52,000)を注文しました。本当はそば粉のガレットにしたかったのに、オーナーに気を取られて、うっかりそこの注文は忘れてしまいました。普通の生地でしたが、目玉焼きがちょっと半熟に焼き上げられ、ナイフでカットするとトロリと黄身が流れ出るので、ソースのようにクレープに付けて美味しく頂きました。飲み物は朝だったので、アイス・カフェオレ(Rp.26,000)にしたのですが、どちらかと言うとビールとか白ワインに合わせたい、お酒にも合うお味です。

  

その他には、野菜だけのベジタリアン・クレープや、ステーキや鴨、鶏肉のマリネなどが入った、クレープグルメと言う種類がいろいろあり、お食事として頂けるクレープメニューが豊富に揃っています。また、ニースサラダ、シャルキュトリー(ハム、パテ等の盛り合わせ)、チーズ類もあるので、夜はシードル、ビール、サングリア、ワイン等のアルコール類と合わせ、目の保養も兼ねてゆっくり飲むにも良いでしょう。お酒を飲まない女子は、クレープ以外にもアイスクリームやケーキ等のデザートも充実しているので、カフェとしても使えます。

  

そして、2017年5月、女友達のリクエストで再び、ル ムーランへ朝食を食べに行ってみました。庭に面したテラス席のテーブルが低いタイプになり、座りやすくなっていました。朝はビタミンをたっぷり摂りたいと言う事で、まずはフレッシュジュースを頂きます。

  

頂いたジュースは右上の写真、左下から時計回りに、グリーンピュリファイン(Rp.48,000)、アップルキャロットジンジャー(Rp.42,000)、グリーンアップル(Rp.37,000)、エネルギーブースト(Rp.48,000)です。私はエネルギーブーストで、これは赤紫の色からも判りますが、ビーツがたっぷり入っています。デトックスにも良さそうですね。

    

写真左上は、エッグベネディクト(Rp.37,000)で、濃厚な自家製のオランディーズソースがかかっています。そして私はちょっと甘いモノが食べてみたかったので、パンケーキ(Rp.35,000)を注文してみました。フランス風のパンケーキはどんなのかなと思ったら、生地の薄いバリスタイルのパンケーキでちょっと拍子抜けしましたが、甘いはちみつ味のパンケーキを緩和すべく、上に乗ったカリカリベーコンの塩味が、箸休め的な存在で美味しかったです。

    

今回はオーナーは席に座って新聞を読んでて、厨房には立っていらっしゃいませんでしたが、それだけバリ人の従業員に任せても安心出来るようになっているのでしょうね。また、ウブドに行ったら、トマさん見たさでムーランに行ってみようと胸に誓う私でした。もちろん女友達にも、トマさんは大好評でした(笑)。

※料金には10%の税金が加算されます。

by franny(2017/05)

詳細ページへ戻る

PAGE TOP