長時間でも快適なブラを見つけた!

先日のロンドン往復は、すごく久しぶりにマイル特典でビジネスシートが取れたので、やっぱり長時間のフライトでも相当楽でした。
JALのスカイスイートと言うタイプだったので、隣の席とはパーティションで仕切られるし、何よりフルフラットになってエアウィーブのマットと枕もあるので、超快適でした。

DSCF0004.jpg

ま、マイルを貯めてくれたのはだんなさんなので、本当にありがとう(笑)。

バリ島へ行くのは7時間くらいですが、それでも結構長いですよね。
そんな時、エコノミーでも機内での服装はやっぱり楽な方が良い!

特に女性の場合はブラジャーをしてるとやっぱりキツイし、私の場合、加齢と共に、以前は大好きだったコレールとかのシルエットが綺麗なブラは、肌がかゆくなるのが悩みでした。

かと言って機内で外すのは、いちいちトイレで着替えないといけないし、やっぱりノーブラ(笑)は、ちょっとためらわれるので、今までいろいろ楽と思われるブラを試して来ました。

スポーツタイプのかぶるナイトブラとか言われるやつ:❌
→楽ではあるが、胸のパットが通気性が悪いのでとにかく蒸れて暑い!

ユニクロとかのブラトップやブラキャミ:🔺
→割と良いんだけど、アンダー部分のゴムが長時間着てるとやっぱりかゆくなるので、かなり緩めのサイズ選択をしないといけない。

H&MとかForever21とかの海外物のレースのソフトブラ:🔺
→楽でいいんだけど、パットが無いとやっぱり胸のポチが目立つのが難点だし、シルエットがぺったんこになる(笑)。

それで先日、たまたますごーーーい久しぶりに渋谷の109のぽこあぽこって、ランジェリー屋さんに行ったら、これまでのこの難点をすべてクリアーしてくれる、超素敵なナイスブラを見つけたんですよ!

これがストレッチの効いた総レースで、ブラを着けているのを忘れるくらいにナイトフライトでも快適だったんです。おまけにデザインもかわいいし、薄い形の良いパッドが入っているので、外から見てもシルエットがなかなか良いの。

メーカーは、パリスインターナショナルさんのオリジナルブランドで、ランジュドアッシュの"EVAシリーズ" 総レースソフトブラってヤツです。
オフィシャルサイトから画像をお借りしようかと思ったんですが、無断使用はためられ、止めておきますので気になる方は検索下さい。(^^)

元々ツェルマットと言うショーツが大好きで、それも手掛けてる会社だけあって、カラーも好きな色が揃ってて、試しにベージュとラベンダーを買いましたが旅行の間も手洗いで直ぐに乾くし、大活躍してくれました。

後、機内では使わなかったけれど、CMで気になった洗濯機で洗えると言う、ピーチジョンのミラクルヌーディブラもグミワイヤーと言うのが使ってあるので、これもこれまでのワイヤーブラよりは、かなり楽でシルエットもキレイで、かゆくならないのがすごい!

若い頃は国産のランジェリーはダメだと思っていたので、全くノーチェックでしたが、最近は国内の下着メーカーの方が研究してて優秀だなーと思った次第です。

私はお胸は大きい方ではないので(笑)、個人差があると思いますが、機内で楽なブラをお探しの方、オススメです。

ルビースパから新メニュー!

6月末から、ロンドン、パリ、サンセバスチャンと旅行してきました。
滞在中はどこも晴天に恵まれ、夏日で暑くてビックリでしたが、丁度、サッカーW杯もあり、とても楽しい旅となりました。

特にロンドンは想像以上に料理がどこも美味しく、昔の不味いと言う定説は見事に覆されました。
やっぱり旅行は行ってみないとわかりませんね。

さて、話はバリ島へ戻ります。

チャングーのアメティスヴィラ内のルビースパから新メニューが誕生しました。

マッサージ、ボディスクラブ、ティーバスがセットになっている「アース&ヘブン」と110分のマッサージがメインのピュアリラクゼーション」

いずれも2時間、US$65(税サ別)と、お手頃な価格になっています。

▶︎ルビースパの詳細、ご予約はこちら

R0041881.jpg

ウブドのブッダボウルで朝食を

マーニが2週間、バリ島へ行っていたのですが、無事に今朝成田に着きました。
新しいホテル、レストランをあちこち行ってみたようなので、また帰国報告が楽しみです。

さて、また間がちょっと空いてしまいましたが、2017年GWバリ旅行、テガルサリに泊まっていた時、朝ごはんを食べに、近くのブッダボウルウブド(Buddha Bowl Ubud)へ、行ってみました。

R0051168.jpg

ベトナム料理のカフェで、朝は7時から営業しています。

R0051111.jpg

店先に並んだココナッツがかわいいですね。

R0051110.jpg

スイカ、バナナ、ドラゴンフルーツ等が、キッチンカウンターに並んでます。

17-05-04-07-16-07-925_deco.jpg

ここで頂いたのは、ドラゴンフルーツを使ったスムージーボウルです。
ハワイだとピタヤボウルとも言うそうですね。

チアシード、クコの実、ココナッツに何かの種も入ってて栄養満点!
ま、このドラゴンフルーツを食べると翌日、ちょっとびっくりしますけど、
南国バリの朝食としては、冷たくて、あっさりローカロリーで、さらっと食べられるのでおすすめです。

ブッダボウルウブドの詳細はこちら

安らかに・・・

先週、西城秀樹さんの訃報を聞いて、本当に驚きました。
同じ広島出身で幼少の頃から彼の歌に親しみ、大人になってからはバリ好きと言う事もあり、ファンという程ではないけれど、とても親近感を持っていました。

脳梗塞を患ってからは、大変なリハビリをされていたようで、その姿を出す勇気にも感銘を受けました。

アイドル歌手としてデビューした西城さんですが、ロックとかリズム&ブルースもすごく上手で、本当に歌が上手い人で、アートとか建築のセンスも良く、全ての生き方がカッコイイ!方だったなと思います。

久しぶりに彼の著書、「バリスタイルの家」を開いてみました。

IMG_20180520_121040.jpg

2002年8月に出版されたこの本ですが、ただの歌手が出した写真集ではなくて、バリの歴史、文化、環境にも触れ、結構内容が深いんです。

この別荘を建てる経緯や別荘の内容もとても興味深く、バリに住んでみたい人なら何かしらヒントが得られると思います。

IMG_20180520_121414.jpg

建築からインテリア、アート、備品まで全て自分自身で揃えられた、この潔い別荘は本当に憧れる程に美しく完璧に見えます。

ルイスバラガンやオキーフが好きだった事や、若い頃の鳥毛さんや成瀬さん、グラハムオールドロイド氏らとのエピソードもあり、読み応えあるんですよね。

IMG_20180524_154808.jpg

残念な事に彼が最初の脳梗塞を患ったのが、2003年で、実際にここで過ごした時間は短かったのかもしれませんね。

IMG_20180524_154847.jpg

その後噂では、この別荘は売られたとか聞きましたが、今の持ち主さんが、この美しい物件を維持されていたらいいなと思います。

IMG_20180524_154922.jpg

改めてご冥福をお祈りします。

IMG_20180524_154901.jpg

余談ですが、You Tubeで昔のヒデキのビデオを見ていたら、ブルースカイブルーと言う曲があって、子供だから歌詞の意味が全く判ってなく、けっこう重い歌だったのに今頃気づきました。

あんな歌をあんなに爽やかに歌える人ってそうそういないですね。

ウブドのクブン・ビストロ (Kebun Bistro)

GWもすっかり過ぎましたが、バリやあちこち行かれた方も多かったでしょうか?
私は友人の絵の個展とライブを楽しみに、鹿児島へ3泊してきました。
毎日、新鮮なお刺身や地鶏、黒豚料理を食べ続け、食い倒れでした(笑)。

2018年2月バリは、ひとまず終えて、去年のGWのバリの記事が途中だったので、まただらだらと続けます。(^^;;

ウブドで泊まったのはテガルサリで、景色が悪くなってた記事はこちらです。この夜に夫は深夜便で到着する事になっていました。

R0050953.jpg

ウブド初日と3日目と、2回も行ったのが、ハノマン通りにあるクブン・ビストロ (Kebun Bistro)でした。

IMG_20170501_210208.jpg

ここオープン当時よりも拡張されて広くなっていましたね。ビンタンビールの後はプラガワインを頂きました。

IMG_20170501_212053.jpg

フレンチとモロッコ系のお料理で、料理がどれも美味しかったです。

IMG_20170501_212126.jpg

こちら野菜とクスクスだったかな。

R0051399.jpg

ラムチョップも美味しかったです。

R0050969.jpg

ワインもお料理も割合リーズナブルだったので、ここはウブドに行ったらまた行きたいなと思います。

クブンビストロの詳細レビューはこちらです。

君はスーンキーの海老ワンタンを食べたか?

先月、地元の女子会の帰り、チャリで転けて鎖骨を軽く骨折してしまったフラニーです。飲んで自転車、本当に危ないのでもう二度と乗らないと誓いました(^^;;

普段は隣町まで自転車で飲みに行く事はないんですが、たまたま待ち合わせの時間に遅れそうになり、ついついがこんな事に。

何が怖いって転けた記憶が全然なくて、二日酔いになるほども飲んでいなかったんだけど、頬骨とあごも痛いし、何やったんだろう。ま、これくらで済んで良かったんですが、一番びっくりしたのが、整形外科で骨粗鬆症の検査をしたら数値が低かった事です。毎年の人間ドックでの検査では、平均より骨密度は高いと結果が出てたので安心していたのに、、、。大事なのは骨盤と足のスネの骨らしいので、みなさまもご注意くださいね。

と、前置きがすごく長くなりましたが、2月のバリ日記のまとめもようやく終わりましたので、また個々、ブログを書いていきたいと思います。

バリ島初日の夜に行ったのが、クタエリア、トゥバンにあるワルン スーン キー (Warung Soon Kee)でした。

詳細はこちらのレビューもありますが、ブログはスマホ(Huawei P9)で撮った写真を載せてみますね。

IMG_20180214_213533.jpg

ビンタンビール大瓶、Rp.44,000は、安いね!酒飲みには嬉しい(笑)。

IMG_20180214_213616.jpg

メニューは写真入りでお値段もきちんと表記されております。北京ダックはハーフでRp.188,000と言う事は、約1,500円くらいです。

IMG_20180214_214409.jpg

こちらは蒸し鶏のアヤムスーンキー。ハーフサイズでこの盛りで、Rp.88,000です。安い。

IMG_20180214_214627.jpg

ここはテーブル上にある辛味ソースを自分で付けて食べるようになってて、右にちょっと残ってるローストポークも、このソースにつけて頂くのがオススメと、ベテラン在住おじさんに教えてもらいました(笑)。

IMG_20180214_224416.jpg

いろいろ食べたけど、一番美味しかったのが、この海老ワンタンスープです!

大きくってプリップリのエビのすり身がたっぷりで、まじうまー。でした。自家製麺を入れた海老ワンタン麺もあるそうなんだけど、この日は麺が売り切れてていただけませんでした。再訪誓うわたし。

場所はワルンラオタとかの近くで、ングラライバイパス沿い。ハワイバリの向かいになります。

詳細はこちらの地図をご参照くださいね

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
▶ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ前編(フランジパニ、テタスパ、ジャリムナリ スミニャック店)
▶︎スパ後編(ディシニスパ、ジ アムルタ、スマスパ)
▶︎ショップ、レストランチャングー編

2018年2月バリ旅行で、新しいレストランやリニューアル店を見つけました。

夕方、インピアナやプラナスパのあるクンティ通りをジャランジャランしていると、「ぶらっ菜 バリ (Burassai Bali)」と言う新しい店を発見。まだお腹は空いていなかったけど、ビールとつまみでも頂こうとぶらっと入ってみました(笑)。

IMG_20180215_202506.jpgIMG_20180215_211319.jpg

入って気づいたんですが、なんと鉄板でバリ人がお好み焼きを焼いているではないですか!広島出身でお好み焼きにはうるさい私ですが、見ると本格的でビックリ!

IMG_20180215_202929.jpg

実はブラッ菜は、日本の和食料理店が初海外進出したお店で、スタッフは日本の店で修行をしたと聞いて納得しました。鉄板焼きは数あれど、お好み焼きもある店は初じゃないでしょうか?

ブラッ菜は、寿司、天ぷら等、色々な和食もあるので、次回はお腹を空かせて突入してみたいと思います。

▶︎ ぶらっ菜 バリの詳細はこちら

line_giza02_15.gif

ロイヤルサマジャヴィラズ宿泊時に見つけたのが、「ワルン サイアム スミニャック店 (Warung Siam Seminyak)」です。ウブド店には行った事があるのですが、スミニャックにオープンしていたとは。

R0053413.jpg

入ってみるとウブド店よりも広くオシャレな店内で、ソムタム、ガイホーバイトゥーイ、カオソーイ等を頂きましたが、なかなか美味しかったです。

R0053470.jpg
R0053419.jpgIMG_20180218_210337.jpg

お隣はカフェのティティック トゥム コーヒー(Titik Temu Coffee)で、中庭は共有スペースとなっているので、タイ料理を食べた後でコーヒーを飲むのもいいですね。

▶︎ワルン サイアム スミニャック店の詳細はこちら

line_giza02_15.gif


ワルンサイアムを出て左手、カユアヤ通り(オベロイ通り)とスミニャックスクエアーの交差点にあるのが、「ザ ジャンクション ハウス (The Junction House)」です。

R0053422.jpg

こちらのレストランは10年くらい前に行った事があったのですが、数年前から工事中で、建物全体が建て替えられ、おしゃれでモダンな二階建てレストランに生まれ変わりました。

R0053560.jpg
R0053558.jpgR0053562.jpg

1階から2階へ続く階段は、まるで図書館か美術館のような大きな本棚になっています。広い店内は、エリアが幾つかに分かれ、個室風に使えるテーブル席やソファーシートもありました。

R0053575.jpg

料理はフレンチベースをオリジナルで仕上げた、無国籍風と言いましょうか、ベトナム春巻きや、マグロのタルタル、ラヴィオリ等を頂きました。あっさり系の味付けなので、万人受けする感じです。

▶︎ ザ ジャンクション ハウスの詳細はこちら

line_giza02_15.gif

イケメンシェフがピザを焼いている、と言う情報をゲットして向かったのが「「ダ マリア (Da Maria)」です。まずは写真(下)をご覧ください。

R0053152-(1).jpg

え、左の方が好みって言う方もいるかもしれないけど、右のイタリア人男性がダマリアのピザ焼き職人です(お名前は聞き忘れました)。ちょっと厨房の関節照明のせいで、イケメン度が若干落ちているんですが、実物はもっとカッコいいんですよ(笑)。

R0053154-(1).jpg

顔ばかり紹介していましましたが、ダ マリアはピザをメインに前菜、パスタ、肉料理等も揃うイタリアンレストランです。自家製釜で焼くピッツァは、私的にバリで食べた中では一番美味しかったです。

R0053164.jpgR0053116.jpg

場所は、クロボカンのプティティンゲット通りで、メティスの隣になります。明るくポップでカジュアルなイタリアンレストランなので、一度行ってみてください。

▶︎ ダ マリアの詳細はこちら

line_giza02_15.gif

イケメンと言えば、以前、ウブドのル ムーラン クレープリーで、働いていたトマさんは、ムーランがクロボカン通り店を出し、そちらに移動されていますので、会いに行くならクロボカン店に行ってくださいね。車中からちらっとガラス張りの店をのぞいたら、しっかり働いていらっしゃいました。

ウォータークレスカフェやナルボウルズ等、バリでは最近、こうした支店を増やす店がどんどん増えていますね。

昨年末は、アグン山の噴火騒動がありましたが、実際にバリ島へ行ってみると、現地は普段と全く変わらずいつもの活気ある「バリ」を感じられ、やっぱり行って良かったです。

特に旅行者がメインで行くクタやスミニャック、ヌサドゥア、ジンバランエリアは、アグン山からかなり離れているので、みなさん普段の生活と変わりなく、どこのホテルやショップ、レストラン、また通りすがりの人々までも、あたたかい笑顔で迎えてくれたのが印象的です。

R0052796.jpgR0052778-(1).jpg
R0053111-(1).jpgR0052845.jpg
R0053240.jpgR0052840_01.jpg

彼らの笑顔を見るだけでも、逆にパワーをもらえ、行った価値があるなと思える旅となりました。自然を受け入れ逆らわず、それを乗り越えて行くたくましさは、私も見習いたいなと思うほど。

日本の生活で疲れちゃったら、バリでのんびりしてみませんか?そこには生きる原点を教えてくれる何かがあるように思います。

R0052533.jpg

今回はダイジェストにまとめましたが、またチェックインバリのサイトで各、ホテル、スパ、ショップ、レストランの情報を今後もアップして行きますので、よろしくお願いします。

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
▶ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ前編(フランジパニ、テタスパ、ジャリムナリ スミニャック店)
▶︎スパ後編(ディシニスパ、ジ アムルタ、スマスパ)
▶︎ショップ、レストランチャングー編

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
▶ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ前編(フランジパニ、テタスパ、ジャリムナリ スミニャック店)
▶︎スパ後編(ディシニスパ、ジ アムルタ、スマスパ)
▶︎ニューオープンのレストラン編

今回はスミニャック滞在時にチャングー、ウマラスにも行ってみました。以前は空き地や田んぼばかりでしたが、新しいホテルが増えたことで、ショップ、レストランも増えて開発が進んでいるエリアです。

まず、バリ在住の方に「美味しいよ!」って薦められて行ってみたのが、「ワルン ドゥア ウマラス (Warung Dua Umalas)」です。ワルンとなっていますが、オシャレなカフェスタイルできれいな店内です。

R0053266.jpgR0053245.jpg
R0053272.jpg

ワルン ドゥア はナシチャンプルが一押しです。ビーフレンダンやテンペ等のバリのトラディショナル料理はもちろん、コールスローやキャロットマリネ等、洋風サラダの種類が多く、またチキン照り焼きやポテトコロッケと言った和風メニューもあります。とにかくお惣菜のバラエティが幅広いのと、パスタやハンバーガーと言った一品料理もあるので、インドネシア料理に飽きた時にも使えます。

R0053279.jpg

近くのホテルは、マカ ヴィラス & スパ ウマラスがあり、このエリアに泊まっている方にはオススメです。

▶︎ ワルン ドゥア ウマラスの詳細はこちら

line_giza02_15.gif


昨年末、チャングーにオープンしたばかりの「むすび (Musubi)」は、まだあまり知られていないモダン和食レストランです。シェフは日本人とバリ人のハーフで、若いながら、色々な食文化に通じて育ったようで、軽くつまめる居酒屋系のメニューを始め、すしバーガーや、火鉢ステーキと言ったユニークなメニューが並びます。

R0053946.jpgR0053941.jpgR0053936.jpgR0053916.jpg

家庭的なポテトサラダやクリスピーに揚がった手羽餃子等、盛り付けもきれいで味もとっても美味しかったです。

店内はグリーンがたくさん飾られて、明るくヘルシーな雰囲気なので、近隣に住んでいる欧米人達にすでに人気の様子でした。

▶︎むすびの詳細はこちら

line_giza02_15.gif

「バンガローリビングカフェ(Bungalow Living Cafe)」は、雑貨やインテリア好きの女性の間で話題になっている人気ショップです。

R0053312.jpg

お店の外観はコロニアルっぽいのですが、中に入ってみるとバリ、アジア、モロッコ、アフリカ等を感じさせる物が所狭しと置かれています。それでも雑多感が無いのは、各コーナーの色合いが見事に統一されているからでしょうね。

R0053297.jpg

女性なら、何かしら思わず「かわいー!」と手にとって見たくなる品物で溢れているので、私も思わず新作の花柄のポーチを買ってしまいました。ポーチ類ってたくさん持ってるんだけど、かわいいのを見るとついね(笑)。

R0053301.jpg

▶︎バンガロー リビング カフェの詳細はこちら

line_giza02_15.gif

バンガローカフェでお茶しようかと思ったら、混んでいたので近くの「ミルバイヌーク (MiLU By Nook)」に向かいました。

IMG_20180218_152737.jpg

ヌーククロボカン店に続き、チャングーにオープンした2軒目で、田んぼビューの気持ちの良いオープンエアーのカフェとなっています。

R0053323.jpg

なんとなくインテリアが似てるなと思って聞いてみたら、やはり置かれてある雑貨やクッション等は、バンガローリビングの物なのだそうです。

IMG_20180218_153107.jpg

その影響もあるのでしょう、店内はインスタ映えしそうなスポットがたくさんあるので、世界中のガールズグループがあちこちで記念撮影大会をしていました。国は変われど女性の共通語は「Kawaii」なんですね(笑)。

▶︎ミルバイヌークの詳細はこちら

line_giza02_15.gif


MiLUの後、ちょっと寄り道して、「ビー ショコラ by ミシェル クレメント (Be Chocolat by Michel Clement)」で、お土産も調達。以前バリのお友達からお土産で頂いて、遂にバリにもこんなチョコレートを作る店が出来たのか!と感動したのです。

R0053351.jpgR0053368.jpgIMG_20180218_160733.jpg

店内はカカオの香りで充満し、思わずハッピーな気分になります。店内にあるチョコレートのほとんどがテイスティング出来るので、好みの種類が選べます。

R0053359.jpg

私はカカオ85%とノーシュガーの丸い形の板チョコを買ってみました。オーガニックカカオを使うビターチョコ、ホントにシンプルで美味しいですよ。

▶︎ビーショコラ by ミシェル クレメントの詳細はこちら

ちなみにチャングー、ウマラスエリアは店と店が離れているので、徒歩で回るのはちょっと大変。UberやGrabの立ち入りが禁止されており、ブルーバードタクシーもあまり走っていないので、足が無い場合はカーチャーターが便利だと思います。

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
▶ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ前編(フランジパニ、テタスパ、ジャリムナリ スミニャック店)
▶︎スパ後編(ディシニスパ、ジ アムルタ、スマスパ)
▶︎ニューオープンのレストラン編

2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記、スパ後編

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ前編(フランジパニ、テタスパ、ジャリムナリスミニャック店)
▶︎ショップ、レストランチャングー編
▶︎ニューオープンのレストラン編

2018年2月のバリ旅行で行ったスパの後編です。

スミニャックのディシニスパで、4月からスタートする新メニュー「エキゾチックパッケージ」を早速、体験してきました。

IMG_20180219_120848_1.jpg

このパッケージは100分間ものバリニーズマッサージでしっかりと体をほぐしてくれるので、翌日のもみ返しもなく、疲れが体からドロドロと溶け出したように感じました(笑)。仕上げのグリーンティー ボディ マスクは爽やかな香りで癒されました。

IMG_20180219_120633.jpg

ディシニスパは、一棟独立タイプのスパヴィラなので、静かな環境の中、プライベートに受けられるのも良かったです。

R0053506.jpg

トリートメントが終わったら、自家製クッキーとハーブティーのリフレッシュメントを頂きました。マッサージの後ってちょっとお腹が空くので、こう言うサービスは嬉しいですよね。ざくざくした食感のクッキーは私もファンです。

R0053510.jpg

ちなみにディシニスパでは、スパヴィラ内でルームサービスが可能で、トリートメントの後、そのままヴィラ内でお食事も出来ます。バリ島滞在最終日、最後にスパを受けてそのまま空港へ向かう時など、時間の無い時に便利です。

▶︎ ディシニスパのご予約、詳細はこちら

line_giza02_15.gif

ホテル ニッコーバリ ベノア ビーチに滞在中は、車で15分と近い、ヌサドゥアにある「ジ アムルタ」へ行きました。

このスパは一人でも南部エリアは、無料往復送迎付きなので一人旅の女性にも安心ですね。

R0053906.jpg

ドライバーさんは、バリニーズスタイルの制服姿で身だしなみもきちんとしています。物腰も柔らかく、安全運転でスパまで送ってくれました。もちろんエアコン付きの車なので、涼しく移動出来ちゃいます。

R0053877.jpg

ジ アムルタと言えば、クリームバスが有名ですが、5種類のヘアートリートメント剤が用意されています。この日は、チェックインバリオリジナルの「ザ・ブライトネス」を受けました。

R0053901.jpg

またバリのスパに来たら欠かせない、フラワーバスですが、セラピストさんがこんなにかわいくデコレーションしてくれました。シングルルームでも大きめのバスタブなので、一人でゆっくり出来ました。

R0053882.jpg

2018年3月31日までなら、キャンペーンとして「エリップスのヘアビタミンとムスティカラトゥの化粧水」を全員にプレゼント中なので、こんなかわいいギフトも頂けて大満足でした。

▶︎ ジ アムルタのご予約、詳細はこちら

スミニャックに滞在時は、レギャンにあるスマスパで「ハーバル ファティーク リリーバー」を受けました。

R0041480.jpg

スパはフェイシャル付きだったので、終わってからメイクをしようと思ったら室内はゲストが落ち着けるように間接照明で少し暗め。セラピストさんに照明を明るく出来るか尋ねると、ヘアサロンへと案内してもらえました。

R0052806.jpg

こちらの明るいヘアサロンなら、鏡も付いてドライヤーもあるので、イスに座ってゆっくり身支度が整えられました。最終日の場合は、スーツケースもヘアサロンで保管してくれるので、着替え等はお部屋に持ち込み、不要な荷物はまたスーツケースに入れられますね。

▶︎ スマスパのご予約、詳細はこちら

line_giza02_15.gif

そういえば、スマスパのすぐ近くに、以前スミニャックにあった「ワルンコレガ」が移転していて、歩いて行ける距離でした。

今回も様々な異なるマッサージを受けましたが、やっぱりバリ島のスパ、エステは技術力がしっかりしていて、サービスも丁寧でどこもとても良かったです。バリ島には色々なスパがあるので、自分にぴったりのスパを探して楽しんでみてくださいね。

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ前編(フランジパニ、テタスパ、ジャリムナリスミニャック店)
▶︎ショップ、レストランチャングー編
▶︎ニューオープンのレストラン編

2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記、スパ前編

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ後編(ディシニスパ、ジ アムルタ、スマスパ)
▶︎ショップ、レストランチャングー編
▶︎ニューオープンのレストラン編

バリ島での楽しみはなんと言ってもスパ、エステです。今回行ったスパのレビューは後ほど詳しく書くとして、簡単に2回に分けて、行ったスパをご紹介します。

R0053605.jpg

写真はバリ島でも一番人気のオンシーズンは2ヶ月前から予約が埋まって行く、「フランジパニ エステティックス」です。この日は案内された新館は、木漏れ日が優しい、明るく清潔なトリートメントルームです。

R0053597.jpg

ちょうど、朝一番の予約だったので、フランジパニの日本人女性オーナー自らが、施設内のあちこちにチャナンと言うお供えをしている所でした。バリ島では1日3回、自宅や店舗等で、神様や精霊達に安全を願ってお祈りがされるのですが、改めてバリが神々の島なのだと、信仰心の厚さにこちらの気持ちも洗われるようでした。

IMG_20180220_110005.jpg

受けたトリートメントは、チェックインバリオリジナルの「ザ・ラブ・シュープリームス」(3時間30分)です。パッケージの中に入っているフラワーバスが花びらがたっぷりで、バリの記念写真を撮るのにピッタリですね!

R0053629.jpg

スパ後にお腹が空いた所で、サービスで付いているバリニーズナシゴレンをいただきました。軽い食感のチャーハンで、日本人の口にも合う、さっぱりとした味付けでとても美味しかったです。「ザ・ラブ・シュープリームス」は、リーズナブルで食事付きとお得な内容なので、女子旅や卒業旅行にいかがでしょうか?

▶︎ フランジパニ エステティックスのご予約はこちら

line_giza02_15.gif

クタ滞在時に行ったのが、「テタスパ バイ ザ シー」です。名前のように海の近くのスパで、フット系のトリートメントルームは、クタビーチに面しています。

IMG_20180215_124937.jpg

この日は、「シー・オブ・ラブ・デュオ」と言う、二人のセラピストにフットマッサージとクリームバスを同時進行で行ってもらう、贅沢な内容でした。お天気はスコールでイマイチでしたが、外が見える部屋は解放感があって気持ちが良いですね。フットマッサージも上手で、気持ちよ過ぎて、寝てしまう程でした。

IMG_20180215_125416.jpg

写真は頭部のクリームバスの様子です。頭のマッサージは、スマホを使い過ぎた疲れ目にも効果的なので男女問わずオススメです。肩もみもあるので、肩コリもスッキリほぐれました。

IMG_20180215_140717.jpg

終了後はキャンペーン特典で、スナックとお飲物が付いています。写真のスイカジュースとクッキー、マッサージ後の水分補給にぴったりで、ゴクゴク飲んじゃいました(笑)。

▶︎ テタスパ バイザシーの詳細、ご予約はこちら

line_giza02_15.gif

スミニャックの「ジャリムナリ」は、そのマッサージの技術力の高さに、何年も前からチェックインバリで取り扱いさせて欲しいとお願いしていたスパなのですが、ようやくオーナーからOKをもらい予約出来るようになったんです!

IMG_20180218_104240.jpg

久しぶりに行ってみると、なんと増改築して、前の倍くらいの広さになっていました。朝、11時の予約をしていたのですが、既にかなりの人が出入りしてて驚きました。予約をしていない人は、直ぐの予約は無理のようで別の日に振り返られていたので、やっぱり人気があるんですね。

R0053225.jpg

スパレセプションでは、お土産になりそうな、サルーンやオイル、ローション等、マッサージ関連グッズが豊富にあります。

R0053215.jpg

内装はヌサドゥア店と同じ、和をイメージした雰囲気で、仏像や竹が植栽されているのがいい感じ。

R0053234.jpg

セミオープンエアーのトリートメントルームです。部屋はいたってシンプルですが、マッサージ専門店なので、これ以上の豪華さは不要ですよね。

ジャリムナリは男性セラピストのみですが、サルーンと言う布を使って、マッサージしない箇所は、ドレーピングしながらきれいに隠してくれるので、恥ずかしい感じは一切なく、本格的なマッサージなので、全身の筋肉がほぐされ、終わった後はしばらく動けない程に脱力しました(笑)。

R0053241.jpg

左の男性が私をマッサージしてくれたトノさんです。絶妙な力加減でかなり上手いセラピストさんでしたよ。

最近はアジア系の団体予約で全日フルブッキングになる日もあるそうなので、ジャリムナリは事前予約が安心ですね。

▶︎ ジャリムナリスミニャック店の詳細、ご予約はこちら

<2018年2月:フラニーのバリ島旅行日記その他の記事>
▶ホテル前編(ヴァサンティ クタ、インピアナ プライベートヴィラズ、マカヴィラス&スパ)
ホテル後編(ロイヤルサマジャ、ホテル ニッコー バリ ベノア ビーチ)
▶︎スパ後編(ディシニスパ、ジ アムルタ、スマスパ)
▶︎ショップ、レストランチャングー編
▶︎ニューオープンのレストラン編