実はココナッツジュースが苦手です

先日Twitterに、ココナッツサブレという昭和を代表するお菓子が個包装になった、というツイートがありました。

昔のお菓子は、一度封を開けたら一気に食べないと全部しけってしまうものがほとんどで、最後のほう、かみ応えが悪くなりながらもマーニはココナッツサブレが好きでよく食べてました。

IMG_2696.jpg

それで東南アジアを旅行した時、生まれて初めて生のココナッツジュースを飲むことになり、期待を持って望んだら、

「え?!」

もっと甘くて美味しい飲み物かと思ったら、中途半端に甘い、ぬるい、どろっとしてる・・・。

けれど周囲の人は誰もまずいと言わないし、映画とか見ると無人島に流れ着いた主人公が実を割って中の果汁を美味しそうに飲んでるし、もしかして自分の味覚がおかしいのかも。ココナッツサブレとの比較が間違っていることは重々承知しているのですが、あんなに美味しいお菓子の元が、こんなにくそまずいわけはない、と現実を直視できない自分がいるのでした。

IMG_0712b.jpg

それからも、バリ島のスパ等で「体に良いですよ」とリアルココナッツジュースが出てくると「ほんと美味しいですね〜」とひきつり笑いで必至に飲み干す。どっかのホテルで、ウェルカムドリンクにまるごと1個出てきた時は拷問かと思いましたが、まさか飛雄馬のお父さんみたくお盆をひっくり返すわけにもいかず、無理やり喉に押し込む自分。

下の写真は、ココナッツに見えて実は陶器のカップで、中には飲みやすいよう味付けしたココジューが入っていました。本物もこの位美味しければいいのにとひそかに思いながらも、じっと自分の中にしまったままの日々が十数年続きました。

IMG_1367.jpg

ところが先日、東南アジアに初めて行った近所の床屋のおじさんが「一口飲んで、飲むの止めたわ」とカミングアウトするのを聞き、おお、ようやく同士発見!

ココナッツのアイスクリームやサラダ、ココナッツオイル等は好きなのですが生のジュースがだめ。バリ島のオーガニックカフェに行くと、外国人のお姉さんが、これみよがしに「あたしはココナッツジュースを飲んでるからヘルシーで美人」というオーラを振りまきまくっているのを見ながら「ココナッツサブレのほうが美味いわい」と、一人つぶやく日本人のおじさん。

これからもバリ島に行く度に、向こうからお盆に載ってココナッツジュースが運ばれてきやしないかビクビクする日が続くのでした。

窓のないホテルと太陽の恵み

日本のマンションは経年劣化を防ぐため、12〜15年周期で大規模修繕工事を行います。今年、マーニが住んでいるマンションがそれにあたり、8月中旬から3ヶ月間、窓を開けることができなくなりました。

バルコニー前に組まれた足場を作業員が通るため、カーテンを開けることができません。また網戸も外されているので、作業を行わない夜でも(虫が入ってくるので)窓を開けることができません。

以前、台湾で窓のないホテルに泊まったことがあるのですが、昼間は外出してせいぜい1、2泊だけだったので、日が入らなくてもそれほど影響はありませんでした。

P1100156.jpg

また、ニューヨークで半地下の部屋に1週間泊まったことがありますが、小さな窓から若干の灯りが入ってくるので気になりませんでした。それより、マンハッタンのビル街にいるというアガル気分も加わって、わりと居心地が良かったです。窓からの眺めは「通りを歩く人の足」だけでしたが。

IMG_1698.jpg

話は戻り、窓もカーテンも開けられない薄暗い東京の部屋で3ヶ月間。これ、かなり堪(こた)えました。塗料の匂いや埃は仕方ないとして、太陽が浴びれないと、人間だんだん萎えてくるんです。

冬の間、ほとんど日が差さない北欧やロシア人が、そこまで焼かなくてもいいだろうってくらい、真っ赤になるまでバリ島で日焼けしていますが、やはり太陽を浴びたいというのは、人間の生理的欲求なんだと思います。

IMG_2531_marriottjimbaran_b.jpg

建物の向きについては、日本では日照権として南向きが好まれますが、逆にヨーロッパでは、家具が焼けるからと北向きの部屋が人気が高いと聞いたことがあります。国や気候が変わると日照に対する好みも違ってくるようです。

バリ島のような赤道に近い国は、太陽が真上から差すため、基本的に方角は関係ありません。バリ島のホテルで、南向きだ、北向きだという話を聞いたことがないでしょう。大事なのは海が見える、道路に面している等、日照以外の要素が重視されます。

IMG_2701.jpg

日本はこれから日照時間の少ない冬の時期に入りますが、なんとなく気が乗らないという人は、バリ島に行って太陽の恵みを全身に受けましょう。

ちなみにマンション工事は来週には完了し、しばらくぶりに日の目を見ます。長かった・・・。

イギリスのウェブサイトで「ROTTEN Wi-Fi」という、世界中の空港やホテルのWi-Fi速度を評価しているサイトがあります。

少し前の記事ですが、世界の空港のWi-Fi速度を測定した記事があり、なんとバリ島ングラライ空港が、スウェーディンのストックホテルム空港やドイツのフランクフルト空港を抑えて堂々第6位と、高速な空港として紹介されています。

使ったことある方はおわかりかと思いますが、デンパサール空港に到着しスマホを立ち上げると、無料なのにサクサク動く。羽田や成田にも無料Wi-Fiがありますが、ほとんどつながらないし遅い。バリのほうが断然快適です。

IMG_1127b.jpg

先日、成田国際空港第二旅客ターミナルビル連絡通路の照明が、世界的な照明賞を受賞しました。眺望ノイズとなる窓ガラスへの映り込みを極力排除した足元のLEDライトで、外国人ゲストが気分よく空港に降り立てるんだそうです。確かに、空港で窓の向こうにきれいな空や飛行機が見えると、アゲアゲになります。

参考:パナソニックが北米照明学会賞「成田国際空港 第二旅客ターミナルビル」の特別賞をはじめ、照明設計で4件受賞

マーニの場合、空港にブランドショップやお土産のショップが少なくても、ネットが快適に使えるだけで、その空港の印象が良くなります。空港のネット環境は、今やその国のイメージを決める重要な要因だと思います。

最もセキュリティのほうは、どうなんだろう?シンガポールのチャンギ空港は、インフォメーションセンターでパスポートを見せて、時限のアクセスIDを発行してもらわないと使えませんが、バリの場合、パスワード不要で誰でもアクセスできちゃって、怖いほどあっけない。

インターネットが使えるか使えないかで、旅のクオリティが決まる時代。ングラライ空港は、利用者の増加を受けて、2017年一部増築工事をするそうですが、ネット全体のクオリティも高めていってほしいところです。

すでにお気づきの方も多いと思いますが、レギャンのジャラン・ダブル・シックス(Jl. Double Six)が、Googleマップで見ると、ジャラン・アルジュナ(Jl. Arjuna)という名前に変更されています。

現地インドネシア語の表記にならう、というのが理由だと思うのですが、ダブルシックスと並行して走る通りは、過去、ディアナプラ通り(Jl. Dhyanapura)→アビマンユ通り(Jl. Abimanyu)と変わったあげく、今回のグーグルマップでさらにチャンプルン・タンドゥッ通り(Jl. Camplung Tanduk)に変わりました。

通り沿いのホテルやレストランの住所をチェックすると、旧名を使用しているところ、早速新住所を採用しているところとごちゃごちゃで、統一されるまで時間がかかりそうです。

P1210080.jpg

その、旧旧ディアナプラ通りであり旧アビマンユ通りでもあるチャンプルン・タンドゥッ通りに「ベステストカフェ(Bestest Cafe)」というカフェがあります。

看板はギリシャ料理になっていますが、味は可も無く不可も無く・・・。椅子もテーブルも特段座り心地がいいということもなく、料金も高くはないけど、とびっきり安いというわけでもなし。どうということはない店なので、当然ホームページもフェイスブックページもありません。

ただこの通りにある店の中で、最もくつろげる店で、個人的に気に入ってます。

P1210078.jpg

主張の激しい店というのは奇抜で楽しいものの、疲れている時に行くとエネルギーを吸い取られてしまい疲労度が増します。のんびりしたい時には、自分の気持ちで色を重ね塗りできる普通の店のほうがリラックスできます。

今回、ティジリ・ホテルのレビューをアップしましたが、お近くに行かれた方は、ごくごくふつ〜のカフェに訪れてみてください。

<ベステスト・カフェ(Bestest Cafe)>
住所:Jl Camplung Tanduk No 101, Seminyak, Kuta, Bali
電話番号:0361-731516
営業時間:8時〜23時
Wi-Fi無料
場所→

P1210079.jpg

P1210077.jpg

行ったことないので、本場のベトナムコーヒーというのを知らないのですが、以前、友達と行った中野のビア・ホイ・チョップでベトナム・コーヒーを飲みました。

IMG_0590_edit.jpg

底に穴の開いた、コップ型のアルミフィルターを上に置いて、抽出させるスタイルが楽しい。苦さを中和させるためにコンデンスミルクが入っているのですが、バンコクで、よくコンデンス入りのコーヒーを飲んでいたので、どろっとした甘さは、それほど嫌ではありません。

それで、ランタン・バリに行って、ベトナムコーヒーを注文したら、コンデンスミルクの代わりに、バニラアイスクリームが一緒に出てきました。つまり、ベトナム風コーヒーアフォガートですね。

P1260757.jpg

アイスと交互に食べるから、逆に苦いコーヒーが美味しくて、プレゼンテーションも洒落てるし、ランタン・バリは、のんびりした雰囲気のおすすめのカフェです。

P1260756.jpg

シンガポールでいう海南鶏飯(ハイナンチキンライス)、タイでいうカオマンガイが大好きです。

自分でも作ってみたかったのですが、鶏ガラでご飯を炊くというのが面倒くさく二の足を踏んでいたところ、クックドゥから炊飯器に入れるだけで作れるタレが発売されたと聞いて、自分で作ってみました。

1.米を炊きタレを入れる
ポイントは水加減で、米がべちょべちょするとチキンライスでなくなってしまうので、説明書の分量に素直に従います。マーニは土鍋でご飯を炊くのですが、炊飯器で作れます。

IMG_1195.jpg

IMG_1197.jpg

2.鶏もも肉を細切りしてぶち込む
日本だと、五目ご飯のように数種類の野菜を投入しますが、カオマンガイはシンプルに食べるのが一番なので、鶏肉だけ入れます。

IMG_1196.jpg

IMG_1198.jpg

3.いつも通り炊いて出来上がり
普通に米を炊くのと同じでやり方で、拍子抜けするほど簡単にできてしまいました。香菜をまぶして出来上がり。美味しかったです。

IMG_1201b.jpg

IMG_1202c.jpg

マーニが子供の頃、食卓にエスニック料理が出るなんてことはありませんでしたが、今は学校給食にもナンが出たり、タイカレーも家庭で普通に食べますね。この料理を作るのに、近所のマルショーへ行くとこともなげにコリアンダーが売られていましたが、日本の気候はどんどん亜熱帯化しているので、そう遠くない時期に、居酒屋メニューにカオマンガイが登場するでしょう。

ちなみにこのチキンライス、中華系の流れを汲む料理だからか、タイ、マレーシア、シンガポール等ではポピュラーですが、バリ島(インドネシア)では見かけないですね。

鶏肉とご飯を一緒に食べたいときはハイナンチキンライス、肉をガッツリ食べたい時は、まるごと揚げたバリのアヤムゴレン、という使い分けかな。

タイトルの通りで「互いに行くとの連絡をしていなかったのに、渡航先で知り合いに遭遇した」という経験をしたことがありますか?

これは「好きなお笑いタレントと偶然ハワイで出会った」は含みません。理由はお笑いタレントの方はあなたのことを知らないから。双方が知っているというのが条件です。マーニは過去何度かあります。

P1060096.jpg

事例1:
大学時代の福島君という友人と、卒業後連絡をとっていなかったのに、偶然グランド・ハイアット・バリのロビーで出会った。福島君は社員旅行で来ており、マーニは個人旅行だった。

事例2:
バンコク行きのTGに乗ったら、以前つきあっていた人に出会った。お互い、会釈はしたもののきまずい雰囲気で、席が離れていたのでそれ以上は話しませんでしたが、空港到着後、じゃーねーと言って別れた。

事例3:
オフ会で知り合ったMさんと、偶然ウブドで出会った。Mさんは個人旅行で来ていて、その日一緒にカフェ・デ・アーティストで夕飯を食べました(上のが店の写真です)。

番外編:
バリ島にT夫妻も滞在していることは知っていたが、お互い、特に約束はしてなかったのに、クタのリッポモールで、買い物中の夫妻にばったり出会った。

同じくバンコクで、特に約束はしてなかったのに、サパンタクシーンの船着き場で、ペニンシュラホテルのボートから下りてきたC夫妻にばったり出会った。

IMG_1581.jpg

こうしてみると、偶然はあるんだな、世界は狭いんだなと、つくづく思います(上に挙げた例以外にもあるかも)。

ちなみに、バリ島でバリ在住の方と出会うことは非常に良くあります。6月にバリ島に行った際も、ビンタンスーパーで現地に長く住んでらっしゃる日本人の方と再会しました。人の出入りの多い場所が確率的に多いようです。

初対面の人と、同じ匂いを互いに感じ取った経験がありませんか?趣味が似ている、考え方が似ている、行動パターンが似ている等、ベクトルの向きが同じだから、同じ渡航先、同じ日程、同じ旅程を選んでしまうのかも。

そう考えると、実はこれは偶然の出逢いではなく、あらかじめ決まっていた必然だったのかもしれません。

これも一種の、旅の醍醐味ですね。

そういう指標があるのかどうかわかりませんが「商品にペタっと張られた値段シールがスルリときれいに剥がせる率」が世界で最も高い国は日本ではないでしょうか?

昔は日本も、値札シールはベタ〜っと引っ付いて剥がすのに苦労しました。マーニが幼少のみぎり、通学カバンと一緒に、紙袋を持って行くのが流行りました。「マーニさんち、カバン買うお金がなかったの?」と言われそうですが、文房具屋に行くと、手提げ紙袋(雨に濡れてもいいように外側はビニール付)が売られ、女の子だったらスヌーピー、ZIGGY等サンリオ系、男の子はSPALDING、ヤマト等スポーツ&松本零士系、と皆大事に使っていたのです。

IMG_1323.jpg

何が大変かって、買ってきてから引っ付いた値段シールを剥がすのに苦労します。爪を立てて剥がそうとするんだけど、ノリがべったりで乱暴に剥がすとスヌーピーが台無しになる。それでドライヤーを当ててふやかしたり等、色々な技が編み出されました。

先日、バリ島のジェンガラで皿を買ってきたのですが、値段シールがベタ〜っ。ちょっと濡らしただけではダメで、こりゃきれいに剥がれるまで、何度も水に浸けてふやかさないと。

ジェンガラの最新レビューをアップしました。タンジュンサリがなぜジェンガラを使うのか、理由を紐解いてみましたので参考まで!

海外旅行先で両替する、現金で支払う際に、出納帳(お小遣い帳)を付けていると、後で見返したり同行者と精算したりする時、便利です。

マーニは、長年「「iXpenseIt(アイエクスペンスィット)」というアプリを使っています。マーニがこのアプリを信頼しているのは、これまで使ってきて一度もフリーズやデータ消滅がなかったことです。iXpenseItの便利な点をご紹介しましょう。

1.無料で使える
App Storeで無料でダウンロードできます。最初、英語だけだったのが、いつのまにか日本語化し機能もどんどん多機能化しているのですが、基本的な使い方だけマスターすれば十分です。

IMG_1301.PNG

2.複数の通貨に対応し切り替えが簡単
例えば、はじめに台湾で2泊してからバリ島へ行く、またはルピア通貨のバリ島で現地オプショナルツアーだけドルで支払う等、通貨の切り替えが簡単にできます。

IMG_1297.jpg

3.あらかじめ科目が登録されている
食事、交通、両替・・・等、カテゴリーがあらかじめ登録されており、例えば、食事は朝食、昼食、夕食とさらに科目が分けられています。また科目を自由に登録、変更できるので、マーニの場合、食事の中に「飲み物」という科目を作っています。カフェでお茶することが多いので(^^v。

IMG_1296.jpg

4.個人出費と会社経費を分けることができる
海外出張の経験がある人ならわかると思いますが、基本的には会社から支給される財布と、自分の個人の財布とを分けて使うけれど、実際には色々な場面が出てきて「とりあえず自分の個人の財布から接待費を出しておく」等、個人と仕事の勘定が混じってしまうことがあります。このアプリでは、ビジネスかパーソナルかの区分ができるので、後で精算する時、便利です。

IMG_1298.jpg

5.レシートのスキャニングができる
アプリの実際の使い方は、新規項目ボタンを押し、いつ、どこで、幾ら支払ったか(または入金があったか)を入力していくわけですが、現場ではそんな入力する時間もないことが多々あります。そういう時、とりあえずレシートを写メで保存できるので、後で時間が出来た時、ゆっくり編集することができます。

IMG_1299.jpg

6.バックアップがとれる
古いテレビドラマで、領収書を洗濯ネットに入れて保管しておいたら間違って洗濯して粉々になってしまった、というのがありましたが、せっかくスマホに記録しても、何かの拍子でデータが消えてしまったり、最悪スマホを紛失してしまったら大変です。iXpenseItでは、Wi-Fiを使い、別に持っているPCにバックアップを取ったり、メールで保存したりできます。マーニは4〜5日に1回、それまで記録した分をメールで自分のメアドにとりあえず送っておきます。そして帰国後メールを開き、データをExcelにコピペして最終精算をしています(データはcsv保存ができる)。

IMG_1295b.jpg

その他「3日前に両替した時の両替額は幾らだったっけ?」と過去の日付に戻れたり、「今回はチップにずいぶんお金を使ったなあ」など、グラフ集計ができたりします。

IMG_1300b.jpg

IMG_1294.jpg

インスタで風景を写真に保存するのも良いですが、旅の記録をお小遣い帳という形で保存すると、また違った旅の仕方が見えてきます。ぜひ皆さんも参考に〜。


IMG_1129b.jpg最近機内Wi-Fiサービスを提供するエアアインが増えてきましたが、先日ガルーダ航空に搭乗したら、有料で機内Wi-Fiが使えました。

マーニは、以前JALで使ったことがあるのですが、常に接続が保証されるわけではなく、雲が出たり、その時のルートによりインターネット接続は切れます。

当初機内Wi-Fiサービスが登場した時は、これは素晴らしいと思いました。航空会社は、高いコストをかけて機内映画サービスを提供しなくて済み(その分、飛行機代が安くなる)、ゲストもYoutubeみたり、SNSやったり対戦型ゲームをしたり楽しく過ごせます。

JALの話に戻ると、太平洋上空からTwitterで友人とやりとりしていて、突然ブチッとネットが切れ、しばらく待っても繋がらないのでスマホは閉じたのですが「飛行機の上までネットが繋がってしまうって良いことナンだろうか?」とちょっと考えました。

インターネットの使命は切れないこと=常時接続だとは判っているのですが、ネットが繋がるとなると、日常の延長でスマホを開いてしまいます。

あるところで非日常に切り替わるはずの旅が、飛行中でも地上からネット速報が入ってきたり、瞬時に地上の人とやりとりができるって、旅の本質から外れているように感じます。もちろん、渡航先ではネットは必要なのですが「空の上だけは」次元が違うように思うのです。

出国手続きを済ませ、飛行機に乗ってる間は、自分はどの国にも、どのグループにも属さないただの移動物体。数千フィート上空から眺める景色は地上と宇宙の境で、どこまでも続く雲の上や無数の星の間を飛んでいると(実際には宇宙空間を飛んでるわけではありませんが)、人間は小さく1人なんだ、ということを強烈に意識します。地上に自分を待つ人や自分が思う人がいても、すぐにアクセスできない空間。そこに飛行機の旅の楽しみがあるように思います。

もちろん出張等、地上の人とメールをやりとりしなくていけない人や、自分で区切りを付けられる人はいいのですが、電車の中でも、道を歩いていても肌身離さずネットに繋がっている人は、かえって飛行機に乗ったとき位、ネットが使えないほうがいいんじゃないのか。

ガルーダの機内Wi-Fiは1時間11.95ドル。うん、この位の設定で、使いたい人は有料で使うというので良いと思います。

飛行中位、スマホを閉じて、見逃した映画を見たり、ボーッと窓の外を見たり、どこにも繋がらない個の自分というものに付き合ってみるのもいいもんですよ。

IMG_3489.jpg