ジャカルタ乗り継ぎ <その1>

GWのバリ旅行は、成田⇔ジャカルタは日本航空(JAL)の特典航空券、ジャカルタ⇔デンパサールはガルーダインドネシア航空(GA)の国内線チケットを購入してバリへ行きました。

2016年8月、ジャカルタにターミナル3がオープンして国内線への乗り継ぎが大変になったと聞いていたので、国内線チケットは乗り継ぎ時間に余裕を持って買ったのですが、これが想像以上に大変だったので(特に帰り・・・)、参考までに記しておきます。

まず、成田発JAL725でジャカルタへ。ほぼ定刻に到着し、入国審査を済ませた後スーツケースを受け取り、通関後、国内線チェックインカウンターで搭乗手続きをしてチケットを発券してもらいました。この時、スーツケースも預けられたので、行きは身軽にターミナル間を移動することができました。

ターミナル2からターミナル3への移動は身軽(これ重要)だったし、シャトルバス乗り場への案内表示もちゃんとあって割とわかりやすく、シャトルバスに乗る時も係員が指示してくれたので、思ったよりも簡単でした。

P1050831.JPG

オープンして1年も経っていないターミナル3はさすがに綺麗で、座るところもたくさんあるから待ち時間が少々長くてもそれほど苦ではありませんでした。

P1050837.JPG

P1050834.JPG

P1050835.JPG

カフェやフードコート、ショップもそこそこあるので、それなりに時間潰しもできます。でも、手持ちのインドネシアルピアを持ってくるのを忘れたのが痛かった・・・。1階、2階をくまなく探したけれど、両替所がないのよ・・・。こんなところでクレジットカードを使うほどの買い物や飲食はしたくないし・・・。

IMG_0747.JPG

そんなわけで、現地通貨を小銭すら持っていない貧乏人の私たちは、ちょっと固いのが玉にキズだけど、そこそこ座り心地の良いこの椅子で読書して時間を潰しました。

でもまぁ、移動も簡単だったし、待ち時間も2時間弱だったので、行きはけっこう楽でした。ただ、帰りが・・・。

長くなるので<その2>に続けます。