スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

マンダパ リッツ カールトン リザーブ (Mandapa A Ritz-Carlton Reserve)

バリの文化と信仰の中心地、ウブドに位置するマンダパ リッツ カールトン リザーブは、世界でわずか3軒のみの、格調高いリッツカールトンリザーブのホテルコレクションの一つ。身も心も魂もリラックスできる安らぎの場所です。

基本情報

住所 Jl. Kedewatan, Banjar Kedewatan, Ubud, Bali
電話番号 0361-4792777
URL http://www.mandapa.jp
部屋数 60

MAP

割引&キャンペーン

  • <マッサージ特典(2018年10月31日まで)>
    スイートは3泊以上、ヴィラは2泊以上で、滞在中1回、マッサージ1時間無料(お二人様)
    *早期割引キャンペーンとの併用可。
    *2017年12月22日〜2018年1月7日を除く。

    <早期割引キャンペーン(2018年10月31日まで)>
    60日前までのご予約で15%割引
    30日前までのご予約で10%割引
    *年末年始も適用可能。
    *エキストラベッドも同率の割引可能。但しエキストラの食事料金は割引無し。
    *2ベッド、及び3ベッドヴィラを除く。

1泊料金

特別料金(*別途お問い合わせください) (Special Rate)

期間:2017年11月1日〜2018年10月31日

ルーム 期間 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊
リザーブスイート US$ 0
予約
× × × ×
マンダパスイート US$ 0
予約
× × × ×
1ベッドルームプールヴィラ US$ 0
予約
× × × ×
1ベッドルームライステラスプールヴィラ US$ 0
予約
× × × ×
1ベッドルームリバーフロントプールヴィラ US$ 0
予約
× × × ×
リザーブ2ベッドルームプールヴィラ US$ 0
予約
× × × ×
マンダパ3ベッドルームプールヴィラ US$ 0
予約
× × × ×
※室料は特別料金で表示できないため、本ページ右上のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
<料金に含まれるもの(2名様分)>
■ ご到着時、ウェルカムドリンク
■ 毎日、レストランにてアラカルトのご朝食。お好きなものをお好きなだけ
■ お部屋に無料コーヒー&紅茶セット
■ 24時間バトラーサービス
■ サウナ、ハーバススチーム、スパ用サウナ利用無料
■ ヨガなどホテル内無料アクティビティをお楽しみ頂けます
■ Wi-Fi無料

<ハネムーン特典(要事前リクエスト)>
■ ご到着時、フラワーバスとハネムーンミニケーキをサービス

ご予約について

■ホテル情報■
[ホテル&部屋]
▪リッツカールトン・グループ最高峰ブランド「リザーブ」の冠を持つバリ島ウブドの渓谷沿いに建つ高級ホテル。サンスクリット語で「寺院」を意味するマンダパは、アユン川や緑豊かな渓谷を望む自然の中、60戸のプール付きヴィラとスイートを擁し、ゲストの心と体に静けさと安らぎ、平和な喜びを与える。特にリゾート内では、バリ・ヒンドゥー教文化の中心地であるウブド地方伝来の、精緻な装飾、芸術作品を、客室やホテル内のデザインに落とし込んでいる。
▪客室はビルディングタイプのスイートと、プライベートプール付きのヴィラとに分かれる。スイートは、ワンフロアの客室数を少なくする建築により角部屋、つまり窓が多く、部屋のどこからでも景色を楽しめる。特にバルコニーが非常に広く、バルコニーにデイベッドやテーブルがあるので、室内とバルコニーの両方で寛げる。ヴィラは、基本的にリビング&ダイニング棟とベッドルーム棟と分かれたタイプで1〜3ベッドルームヴィラがある。
▪インテリアは、全体に周囲の自然に溶け込むような抑えめでシックなデザインで、バリらしい文化を感じる。
▪ダブルシンク、バスタブ、独立シャワー、ウォークインクローゼット、プラグイン対応テレビ、Bluetooth対応スピーカー・ドッグ、セイフティ・ボックス、無料コーヒーセット有り。リゾート内で使う帽子、バッグ有り。バスローブ、スリッパ、バスアメニティ、ドライヤー有り。
▪Wi-Fi無料。

マンダパ リッツカールトン リザーブのレビューはこちら

  

  

  

[リザーブ・スイート(Reserve Suite)]
▪100平米。計25室。熱帯雨林と水田を一望。
▪ツインベッド有り。定員は大人2名で、最大大人2名+子供1名、または大人3名。
▪ベッドセクションとリビングセクションの間の壁を折り畳むことで、広いワンルームにもセパレートにすることも可能。バスルームがベッドルーム奥に位置する。

  

  

  

[マンダパ・スイート(Mandapa Suite)]

▪145平米。計10室。熱帯雨林と水田を一望。
▪ツインベッド有り。定員は大人2名で、最大大人2名+子供1名、または大人3名。
▪ベッドルームとリビングルームが完全にセパレートになったタイプ。バスタブがバルコニー側にあり、お風呂に入りながら270度の展望を楽しめる。

  

  

  

[1ベッドルーム・プール・ヴィラ(1 Bedroom Pool Villa)]

▪430平米。計6室。熱帯雨林や水田、河川を一望。
▪ダブルベッド。定員は大人2名で、最大大人2名+子供1名、または大人3名。
▪ベッドルーム棟とリビングルーム棟が分離した間取り。
▪プライベートプールは30平米。

  

  

  

[1ベッドルーム・ライステラス・プール・ヴィラ(1 Bedroom Rice Terrace Pool Villa)]

▪430平米。計4室。熱帯雨林や水田、河川を一望。
▪ダブルベッド。定員は大人2名で、最大大人2名+子供1名、または大人3名。
▪間取り1ベッドルームプールヴィラと同じで、眺望が主に田園を眺める。
▪プライベートプールは30平米。

    

[1ベッドルーム・リバーフロント・プール・ヴィラ(1 Bedroom River Front Pool Villa)]

▪430平米。計13室。熱帯雨林や水田、河川を一望。
▪ダブルベッド。定員は大人2名で、最大大人2名+子供1名、または大人3名。
▪間取り1ベッドルームプールヴィラと同じで、目の前にアユン川を眺める。
▪プライベートプールは30平米。

    

[リザーブ・2ベッドルーム・プール・ヴィラ(Reserve 2 Bedroom Pool Villa)]

▪995平米。計1室。熱帯雨林や水田、アユン川を一望。
▪ダブルベッド1室+ツイン1室。定員は大人4名で、最大大人4名+子供2名、または大人5名。コネクティング可能。
▪プライベートプールが82平米と大きく、目の前にアユン川を眺める。キッチン付き。

  

  

[マンダパ3ベッドルームプールヴィラ(Mandapa 3 Bedroom Pool Villa)]

▪2,000平米。計1室。熱帯雨林や水田、アユン川を一望。
▪ダブルベッド2室+ツイン1室。定員は大人6名で、最大大人6名+子供3名、または大人7名。コネクティング可能。
▪プライベートプールが172平米と大きく、目の前にアユン川を眺める。キッチン、サウナ、スチーム付き。天井の高いリビングルームが印象的。

  

♦客室カテゴリーの選び方♦
▪通常、アユン渓谷沿いに建つホテルは斜面に建てられるため、敷地内は急勾配な坂のオンパレードとなります。しかしマンダパの場合、よくぞこんな敷地を見つけたものだ、と感心するくらい、斜面はロビーやスイート棟などごく一部で、ヴィラやレストラン、プールエリア等敷地の大部分は、若干の高低はあるものの平地になっています。

  

▪そのため、スイートの客室からは上から遠くを眺めるような広がりのあるビューが(写真下左)、ヴィラの客室からは、ジャングルに悠然と囲まれるような(写真下右)、異なる景色が楽しめます。

  

▪一般的に壁で囲まれるヴィラは眺めがありませんが、マンダパのヴィラは、ヴィラであるのに、ジャングルビュー、ライスフィールド(棚田)ビュー(写真下左)、アユン川ビュー(写真下右)と、異なるビューを確保しています。

  

▪スイートは、リザーブ・スイート(写真下左)と、マンダパ・スイート(写真下右)の2種類があり、両者共開口部が広い上に、窓が大きくダイナミックなビューが楽しめます。リザーブスイートは衝立をするとベッドルームとリビングルームを区切ることができるので、予算を重視したい方はリザーブ・スイートでも十分楽しめます。

  

▪ポイントは、スイート同士の比較でなく、お風呂から景色が見られるマンダパ・スイートと、プール付きの1ベッドルームプールヴィラとの比較です。お風呂に入るのも楽しいですが、1泊約USD200(2016年現在)をプラスしてプライベートプールが付くことを考えると、断然1ベッドルームプールヴィラの方がお得感があります。
[施設&サービス]
▪2つのスイミングプールは、一部が温水プールになっており、気温が低くても泳ぐことができる。
▪レストランは全部で4つ。アユン川沿いにプライベート・コクーン(個室)を持ち、地中海、ヨーロッパ料理のデギュスタシオンメニュー中心の「クブ(Kubu at Mandapa)」(ディナーのみ営業)、朝食&オールデイダイニングで、オーガニック・ガーデンから直接提供される「サワー・テラス(Sawah Terrace)」、ラウンジ機能の「ザ・ライブラリー(The Library)」、「ザ・プール・バー(The Pool Bar)」。
▪朝食はビュッフェの他にアラカルトメニューがあり無料追加オーダー可能。
▪ヴィラのゲストは、追加料金無しで朝食をルームサービスに変更可能。

  

  

▪スパ内に、ジム(24時間営業)、ヨガスタジオ、バイタリティプール、サウナ、リラグゼーションルーム有り。トリートメントルーム8室。

  

▪バトラーを含む主要部門に日本語対応スタッフ有り。
▪24時間対応の「パティ―」と呼ばれるバトラーサービス。
▪ホテル内では、ヨガ、サイクリング、占星術、保護野鳥観察、ガイド付きジョギング、ベジタリアン料理教室等、ホテルアクティビティがある。特に、バリ・ヒンドゥー教独自の暦の基づくアクティビティや、満月、新月等スペシャルプログラムがある。
▪主にアンティーク品を販売するブティック有り。
▪レンタル自転車。
▪キッズ・クラブ「マンダパ・キャンプ(Mandapa Camp)」で子供向けアクティビティ。
▪マンダパからウブド中心部への無料シャトルバスサービス有り。マンダパへの戻りは有料。

  


[ロケーション]
▪ホテル周辺に店はほとんどない。ウブド中心部まで車で10分。有名な地元料理「ナシ・アヤム・クデワタン」まで徒歩5分。
▪空港から車で70分。

マンダパ リッツカールトン リザーブのレビューはこちら

(注:本ページ記載のフロアプラン(間取り図)は例であり、縮尺が異なる場合や間取り図とは異なる部屋もあります)


<宿泊条件>
  • 料金にはいずれも21%の税・サービス料、予約手配手数料が含まれています。
  • 当ホテルでは11.99歳までを子供、12歳以上を大人とします。
  • 12歳以上の大人のエキストラベッド料金は、1名1泊IDR1,170,000です(税金、サービス料、朝食込み)。お子様でもエキストラベッドを利用する場合は本代金がかかります。
  • 3.99歳以下のお子様の朝食代は無料です。エキストラベッドを使わない4歳〜11.99歳までのお子様の朝食代は、1名1泊IDR195,000です(税金、サービス料込み)。
  • ベビーベッドは無料です(要事前リクエスト)。
  • 12月31日〜1月1日は最低2泊宿泊。
<チェックイン、チェックアウト、延長料金について>
▪チェックイン時刻:15時
▪チェックアウト時刻:12時
チェックアウト時刻を過ぎて客室を利用する場合の延長料金は以下の通りです。
▪18時まで:客室料金1泊分の50%
▪18時以降:客室料金1泊分の100%

<お支払い>
  • 予約金としてホテル1泊分の宿泊料金を日本円で前払いでお支払い頂き、残金をご出発3ヶ月前をめどにお支払い頂きます。なおご出発まで3ヶ月以内のご予約の場合、予約完了時に全額お支払い頂きます。
  • ご宿泊日がホテルの定めるキャンセル期間に入っている場合等は、先に全額お支払い頂いてからの手配となる場合がございます。
  • お支払いは銀行振込、またはクレジットカード払いが可能です。
<キャンセル条件>
  • 通常期のご宿泊(2017年11月1日〜12月21日、2018年1月8日〜2月12日、2月20日〜3月23日、4月9日〜27日、5月7日〜31日、9月1日〜28日、10月8日〜31):
    ご宿泊の17日前より当日、及びノーショーの場合、宿泊代金の100%のキャンセル料を申し受けます。
  • ショルダーシーズン(2018年3月24日〜4月8日、4月28日〜5月6日、6月1日〜7月13日、9月29日〜10月7日)、ハイシーズンのご宿泊(2018年2月13日〜19日、7月14日〜8月31日):
    ご宿泊の24日前より当日、及びノーショーの場合、宿泊代金の100%のキャンセル料を申し受けます。
  • ピークシーズンのご宿泊(2017年12月22日〜2018年1月7日):
    ご宿泊の33日前より当日、及びノーショーの場合、宿泊代金の100%のキャンセル料を申し受けます。
※2ベッドルームヴィラ、及び3ベッドルームヴィラは、ご予約時デポジットとして1泊分がかかり、キャンセルの場合、上記キャンセル期間前でも1泊分が差し引かれます。
※予定より早くチェックアウトする場合でも、残泊分の返金はありません。

コメントを投稿する

ゲストコメント件数:1件

  • ご利用日:2017.10

    投稿者
    めるみるさん
    評価
    某大手口コミサイトにも投稿済みで内容がかぶるかもしれませんが、こちらで予約して行ったので投稿させていただきます。

    CIBさんで2泊すると追加1泊が無料になるという大変お得なプランで予約しました。
    バリ島への直行便は現時点ではガルーダ、エアアジアどちらを使っても到着は午後になり、更にウブドへの移動を含めるとどうしてもホテル到着が夕方~夜になってしまい、値の張るホテルだと最初の到着日がもったいない気がしてしまいますが1泊追加無料だとその辺がクリアになる気がしてとてもありがたかったです。

    宿泊したのは1BRプールヴィラで、ヴィラの中では1番カテゴリが下になりますが、とりあえずの感想は200点満点といったところでした… たまにする贅沢が好きで、旅行の際には少しいいホテルに泊まることが多いのですがここは格が違いました。高級ホテルばかり泊まり歩いている方にはアラのような部分が見えて何かケチつけたくなる所があるかもしれません。が、庶民にはただただ夢の世界でした。

    ◎部屋が広くゆったりしている
    高級ホテルでは当たり前のことですが、想像以上に天井が高いのでただのゆったりなんてもんじゃありません。「とてつもなくゆったり」です。金ぴかの煌びやかさが全くないのに内装がとても豪華です。重厚といった表現がしっくりしますね。ベッドがまた言い方はおかしいですが異常なほど寝心地がいいです。 バリではお湯の出が悪くバスのお湯が中々たまらないといった口コミをよく見ますがその心配は皆無でした。あっという間にお湯は溜まります。シンクが木製で初めて見るタイプでしたがデザインは素敵なのに排水も良好。トイレはドアの開閉で便座の蓋が自動で開閉する最新式?タイプでした。ドライヤーがイタリア製の3200kwとかいうヘアサロンかと思うようなすごいやつでした…長髪でもあっというまに乾きます。

    ◎プライベートプールが広く気持ちいい
    3×10mの部屋つきプールはただ広いだけでなくウブドの山の中とは思えないほど太陽が燦燦と降り注いでとても暖かで、熱帯雨林地域であることを色濃く感じる緑に囲まれていてとても気持ちよかったです。プールサイドに独立したリビングルームがありましたが、ベッドルーム出てすぐの大きいソファベッドが居心地よすぎてほとんど使用せず。。もったいないことをしたと後になって思いました(笑)

    ◎優秀なバトラー制度
    一部屋に専属のバトラーがついてくれるのですが、期待してた以上に何でも頼める、堅苦しさが全くなくフレンドリーな対応、常にゲストが楽しめるよう色々一緒になって考えてくれると三拍子揃って言うことなしでした。個人的にはこのバトラーさんのシステムがこのホテルにして良かったと一番感じるところでした。お別れのときはほんとに寂しかったです。

    ちょっと書いただけでこんな長さになってしまい、すべてを語ろうとすると日が暮れてしまいそうなので簡潔にまとめますが、立地、施設の充実度、スタッフの対応、何も文句が出ません。高級ホテルのなんたるかを知らされた気がしました(笑)。

    それだけの値段を払うのだから当たり前と感じるか、それ以上の価値を感じるか。私は庶民なので当然後者ですが、行く前はたっかいな~でも泊まってみたいしなぁ・・と思ってたのが、帰る頃には部屋の冷蔵庫の7万ルピアもする缶コーラも全然高いとは感じなくなってました(笑)。

    せっかく泊まるならあまり財布の事は考えず、スパでもディナーでも利用できるものは利用して楽しんだほうが満足度も高くなるとおもいます(あとが大変ですがw)。それだけの価値がここにはあると思う。追加の無料がなくてもまた行きたい。ウブドは他にも目移りするホテルがたくさんあるけど、これ以上のところはないんじゃないかと思ったので、次にウブドに行ってもマンダパにしようと思っています。長々と失礼しました。マンダパ最高!

コメントを投稿する

PAGE TOP