スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

アラム シャンティ (Alam Shanti)

アラム シャンティはウブドの村の中に建つ小さなトラディショナルスタイルのホテルです。庭園を眺める各ヴィラが間隔を開けて建ち客室も最低55平米と広いため、ゆったり静かにくつろげます。大きなプールとエリア内無料送迎サービスが便利です。

基本情報

住所 Jl. Raya Nyuh Kuning, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali
電話番号 62-0361-971132
URL http://www.alamindahbali.com/
部屋数 11

MAP

1泊料金

通年料金 (Nightly Rate)

期間:2017年9月1日〜2018年10月31日

ルーム 期間 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊
ザ・ガーデン・ハウス(ラクスミ) US$ 86
予約
× × × ×
ザ・ガーデン・ハウス(サラスワティ) US$ 97
予約
× × × ×
スーペリア・ガーデン・ビュー US$ 120
予約
× × × ×
デラックス・ガーデン・ビュー US$ 155
予約
× × × ×
デラックス・ライス・フィールド・ビュー US$ 212
予約
× × × ×

ご予約について

■ホテル情報■
[ホテル&部屋]
▪全11室。バリ島ウブド、モンキーフォレストに近いニュークニン村の中に建つ静かな田園スモールホテル。緑豊かなバリ風庭園の中に、トラディショナルスタイルの2階建ての戸建てヴィラが点在する。一部のヴィラからはライスフィールドが眺められる。
▪各ヴィラの1階と2階が、それぞれ別々の客室というユニークなスタイル。ヴィラによっては、一つのヴィラでキッチンを共用したりプールを共用する。1階の客室は広いテラスが、2階は広いベランダが備わり、そこにダイニングテーブルやソファ、デイベッドが置かれるというバリらしいオープンエアースタイルが楽しめる。
▪全室、バスタブ、エアコン、シーリングファン、冷蔵庫、セイフティボックス付き。無料コーヒー&紅茶、湯沸かしポット、ミネラル・ウォーター有り。ヘアドライヤー、簡易バス・アメニティ有り。
▪客室全てにバリヒンドゥーの神々の名前が付いており、インテリアは部屋ごとに異なる。
▪ホテルのポリシーでテレビがない。
▪Wi-Fi無料。

アラム シャンティのレビューはこちら

  

[ザ・ガーデン・ハウス(The Garden House)]
▪庭を眺める部屋。

☆ラクスミ(Laksmi)
▪55平米。1階。
▪ダブルベッド又はツインベッド。室内にデイベッド有り。キッチン、バスタブ付き。

  

  

☆サラスワティ(Saraswati)
▪55平米。2階。
▪ダブルベッド。室内にデイベッド有り。バスタブ付き。

  

  

[スーペリア・ガーデン・ビュー(Superior Garden View)]
▪庭を眺める部屋。ザ・ガーデン・ハウスより広くなる。

☆シンドゥ(Shindu)
▪78平米。1階。
▪ダブルベッド。広い屋外テラス付き。バスタブ付き。

  

  

☆デウィ(Dewi)
▪72米。2階。
▪ダブルベッド。ベランダにデイベッド有り。バスタブ付き。

  

  

[デラックス・ガーデン・ビュー(Deluxe Garden View)]
▪広い庭を眺める部屋。ベッドが2台有りツインのように使うことができる。キッチンが付いており1階と2階で共用する。

☆ナルマダ(Narmada)
▪117平米。1階。
▪ダブルベッド1台+ソファベッド1台。広いベランダ付き。バスタブ付き。

  

  

☆インダス(Indus)
▪117平米。2階。
▪ダブルベッド又はツインベッド。広いベランダ付き。バスタブ付き。

  

  

[デラックス・ライス・フィールド・ビュー(Deluxe Rice Field View)]
▪名前の通り田園風景を眺める部屋。ヤムナとガンガ専用プライベートプールがあり共用する。テラス、ベランダにソファベッド、またはデイベッド有り。

☆ヤムナ(Yamuna)
▪112平米。1階。
▪ダブルベッド又はツインベッド。広いベランダ付き。バスタブ付き。キッチン付き。

  

  

  

☆ガンガ(Gangga)
▪112平米。2階。
▪ダブルベッド又はツインベッド。広いテラスダ付き。バスタブ付き。

  

  

[トゥーハウスインライスフィールド(Two Houses in Rice Fields)]
▪ホテルの敷地から190m離れたところに田園風景を眺める2棟の戸建ての別荘がある。プルワティとガヤトゥリと併せて2ベッドルームヴィラのように使うことが可能。一般には予約不可。

☆プルワティ(Purwati)
▪56平米。1階。
▪ダブルベッド。

  

  

☆ガヤトゥリ(Gayatri)
▪56平米。2階部分。
▪ダブルベッド。バスタブ付き。

  

☆ウタリ(Utari)
▪1棟まるごと。2階建てで1階がリビング、2階がベッドルーム。
▪ダブルベッド。バスタブ付き。

  

  

♦客室カテゴリーの選び方♦
▪アラム シャンティの客室は部屋の広さ、そして眺めがポイントになります。
▪ガーデンビューカテゴリーは庭を眺めるタイプで、広くなるにつれ料金も高くなります。特にこだわらなければ、値段も手頃なスーペリア・ガーデン・ビューが良いでしょう。
▪アラム シャンティはプールが敷地の外にあり2分ほど歩きますが、デラックスライスフィールドビューだけは部屋の前に専用のプライベートプールが付きます。田んぼを望む眺望もあり予算があればおすすめです。
▪1階と2階で迷いますが、美しい庭があるアラムシャンティであれば1階のほうが地面に近く落ち着きがあります。階上の足音が気になる人は2階が良いですね。
▪トゥーハウスは、よりプライバシー感がありますが、敷地から離れるのでセキュリティ面に不安を感じる人は避けたほうがよいでしょう。
[施設&サービス]
▪ホテルの敷地から50mほどの場所に眺めの良いプールがあり、スパを併設する。
▪レストランが有るが、基本的にアラム シャンティが提供するのは朝食のみでランチ、ディナーの場合、系列のラカ・レケ・レストランへ出向くか、レストランからの出前となる。
▪料金には朝食とアフタヌーンティーが含まれる。朝食は部屋でも可能。
▪座敷スタイルのオープンエアーのラウンジ有り。
▪ランドリーサービス有り。
▪インターネットPCと、ライブラリー有り。
▪ウブド中心部までの無料送迎サービス有り。

  

  

[ロケーション]
▪ウブド王宮から車で12分。モンキーフォレストまで徒歩10分。数は少ないがホテルから徒歩圏にレストランやカフェがある。
▪空港から車で70分。

アラム シャンティのレビューはこちら



<宿泊条件>
  • 料金にはいずれも21%の税・サービス料、予約手配手数料が含まれています。
  • 客室定員は1室2名です。エキストラ料金はお一人様1泊USD15です(税金、サービス料、朝食込み)。
  • ご両親と宿泊する11.99歳以下のお子様1名まで無料です。
  • 空港送迎は、片道Rp. 350,000ルピアです(税金、サービス料込み)。
<ベッド・タイプ(客室名)>
全ての客室にシーリングファンとエアコンが付いています。
ザ・ガーデン・ハウス:
▪ラクスミ:ダブルベッド又はツインベッド。
▪サラスワティ:ダブルベッド。

スーペリア・ガーデン・ビュー:
▪デウィ:ダブルベッド。
▪シンドゥ:ダブルベッド。

デラックス・ガーデン・ビュー:
▪インダス:ダブルベッド又はツインベッド。
▪ナルマダ:ダブルベッド+ソファベッド

デラックス・ライス・フィールド・ビュー:
▪ガンガ:ダブルベッド又はツインベッド。
▪ヤムナ:ダブルベッド又はツインベッド。

<お支払い>
  • 予約金としてホテル1泊分の宿泊料金を日本円で前払いでお支払い頂き、残金をご出発3ヶ月前をめどにお支払い頂きます。なおご出発まで3ヶ月以内のご予約の場合、予約完了時に全額お支払い頂きます。
  • ご宿泊日がホテルの定めるキャンセル期間に入っている場合等は、先に全額お支払い頂いてからの手配となる場合がございます。
  • お支払いは銀行振込、またはクレジットカード払いが可能です。
<キャンセル条件>
  • ご宿泊の10日前より当日、及びノーショーの場合、1泊分のキャンセル料を申し受けます。

コメントを投稿する

ゲストコメント件数:1件

  • ご利用日:2014.11

    投稿者
    過去投稿頂いたゲストさん
    評価
    愛知県 錯乱坊さん・女性・30歳代・バリ島渡航回数6回●海外旅行回数:10回以上 ●アジア旅行回数:5回以上 ●ホテルへのリピート数:初めて ●予約方法:手配旅行・個人旅行 ●ホテルの予約先:ホテル直接またはホテルの日本予約窓口(REP) ●誰と泊ったか:子供を含めた家族みずいらずで ●滞在スタイル:ホテルの中でのんびり ●部屋のカテゴリー:スタンダード2Fとニューヴィラ1F ●宿泊日数:5泊 ●利用した航空会社:ガルーダ航空(GA) ●座席クラス:Y

    ●感想:【施設・ロケーション・スパ】
    2階建の建物が4棟・計8室。インダとジワの中間。すぐ近くに「チリカフェ」という日本人経営のカフェレストランがあります。周辺環境はインダよりジワに近いのですが、各建物の1F及びスタンダードルームからは、まわりの田園風景ではなく敷地内の庭を楽しむといった趣き。庭を綺麗にしているので、印象としては「田圃ビュー」でなく「ガーデンビュー」に重きを置いてるホテルです。その他、朝食・AT・フリートランスポート等は、インダやジワとほぼ同じ。異なる点といえば、各建物に共有のキッチンがついており、アクアの給水もこちらで可能です。サンティへの入口にスパを建設中。今年(2006年)にできるという話もありましたが、見た限り全然進んでいない。いつ完成?

    【スタッフ】
    ジワのスタッフが何人か移動されて来ていました。接客は皆手慣れたもので、尚且つフレンドリー。ただ、ジワ滞在時のスタッフが到着時の設備説明をしてくれたのですが、慣れすぎか?「ジワと一緒」の一言でさっさと帰ってしまった(笑)。スタッフが去った後に、試しで洗面所・お風呂・トイレの水を出してみたら、元を閉めているのか故障なのか一切出ず、夕食に出掛ける間に修理に来てもらうことになった。う〜ん。。。客の到着前にそーいう肝心のトコは確認しておいてほしいなぁ‥(^^;

    【良かった点】
    車が真横の駐車場に待機しているので、空いていればすぐ乗って行けた事。猿森へは裏道のフットパスを使うと非常に早く行ける。がんがん歩いて往復できる距離で便利だった事。「ラカレケ」「カフェワヤン」でのお食事はツケがきく事(笑)。(ラカレケでは週に何日かダンスが開催されています。到着初日の夜、ショーがあると聞き行ってみました。時間的に遅く(20時〜でした)他のダンスには間に合わなかった事と、まだ本格的に両替しておらずお財布のルピアが心もとなかった事もあって。。これで一気にバリモードに入りテンション上がりました。)

    【気になった点】
    ジワには、同じ棟の上下でも出入り口を違う方向に作る工夫がされており、プライバシーを確保した感じになっていましたが、残念な事にサンティにはそれがありません。部屋によっては、1Fのオープンテラスの真横or前を横切る形で2Fへの階段があったり、敷地内のお庭の散歩道のすぐ脇に部屋のテラスがあったりします。せっかくテラスにお寛ろぎソファがあって、お庭を見ながらまったり〜♪‥としたくても、足を投げ出したりもできず‥!!通る方もテラスにいる方も、お互いに気を遣うぅぅ〜(≧m≦)とても素敵なホテルですが、カップルや女性グループ等のプライバシーを大事にされたい方・他人の目が気になる方には向いてないでしょう。

    ●次に行く方へのアドバイス:「ホテルの方針なのだと思いますが、例え滞在が長くても石鹸・シャンプー等の補充はしてくれないようです。私達は3人で5泊していたのですが、残り1日半の時点で、石鹸が小指の爪程になってしまったのですが、新しい石鹸はいただけませんでした。長期で滞在される方は、日本から持参されるかスーパーで購入されることをオススメします。」(宿泊年月:2006年6月、5泊)


    東京都 takaさん・女性・30歳代・バリ島渡航回数5回●海外旅行回数:10回以上 ●アジア旅行回数:5回以上 ●予約方法:手配旅行・個人旅行 ●ホテルの予約先:ホテル直接またはホテルの日本予約窓口(REP) ●誰と泊ったか:友達同士2人または3人以上で ●滞在スタイル:ホテルの中と外両方半々 ●部屋のカテゴリー:プール脇のヴィラ、upstairs ●宿泊日数:5泊 ●利用した航空会社:ガルーダ航空(GA) ●座席クラス:Y ●航空券の種類:格安航空券

    ●感想:プールも出来、完成間近という感じでした。場所はニュークニンのアラムインダとアラムジワの間にある、同系列の新しいホテルです。お部屋の感じはアラムジワに似ています。フロント脇に2階建のヴィラが2棟4部屋($65の棟と$75の棟)、少し離れた隣の敷地にプールと3階建てのヴィラが1棟2部屋(upstairs,dounstairsそれぞれ$125)あります。キッチン付の部屋もあり。上階はどの部屋も明るくてテラスが広くお薦めです。私達が泊まったお部屋はどこからも見えない作りになっていて(プールからは見えますが)、よりプライベート感が増し、居心地がよかったです。テラスからの眺めがとてもよく、サワサワと近くの椰子の木が揺れるのを眺めながら、のんびりまったり過ごせます。

    部屋は他の棟よりも少し広くて、キングサイズベッドとダブルサイズベッドがあり、私達は3人で泊まったのですが、快適な広さでした。プールで泳いでいたら、近所の子供達が塀から顔を出しておしゃべりしてきたり、すく脇の道を農作業をするおじさんおばさんが通るので挨拶したりと、ローカルな気分満載です。アラムジワに泊まったことがありますが、スタッフの質やサービス、アメニティー、朝食など、同じ感じでした。ジワのズバ感を参考にされて良いと思います。違う点は、ジワよりもさらにのんびりローカルな感じがしたことと(部屋数もすくなく別荘にきたような感覚になりました)、泊まったお部屋のテラスからの眺めと心地良さに、すっかり心を奪われてしまったことでしょうか。また泊まりたいホテルです。(宿泊年月:2004年7月、5泊)

コメントを投稿する

PAGE TOP