2018年夏 バリ島旅行報告〜異なるキャラが共存するバリ島がやっぱり好き

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(前回の記事はこちら)

今回、バリ島旅行をして改めて思ったのは、自分は、2つの相反するものを好む特徴があるなあ、ということです。

例えば、クタやスミニャックのような繁華街に身を置いて最先端のグルメやショッピングも好きだけど、それとは無縁のウブドの山の中に身を置きひたすら自然に包まれるのも、どちらも好きなんですね。

その点バリ島は、同じクタでもビーチウォークのような商業施設のすぐ前にビーチが広がり、買い物をしたかと思えばサンセット鑑賞ができる。動と静、町と村、新と旧、陰と陽・・・と異なる2つがうまく共存しているのが、今のバリ島なんだと思います。

IMG_6958.jpg

ジンバラン滞在中「カユマニスレストで」極上のインドネシア料理を食べた後、道を歩いていたら、店先で豪快に網焼きしている、どローカルのワルンを見つけました。調べてみると「ワルン マミ イカン バカル」というシーフードの食堂で、有名らしくインドネシア人達が続々と集まってきます。焼いた貝が有名みたいでした。

IMG_6449.jpg

今回、美味しいレストランがたくさんありましたが、その1つが、宿泊していたザ オープンハウスのレストランです。ディナー時には、宿泊者のほとんどが食べに来ていました。

IMG_6567_01.jpg

現地の方に連れて行ったもらったのが、シンガポール料理の専門レストラン「クダイシンガプーラ」。マーニは超がつくほど、海南ライス(カオマンガイ)が大好きなので、毎日でも通いたいお味でした。

IMG_6627.jpg

友人らのお土産に買ったのが「バリボンボン」というチョコレートです。サヌールに本店があるそうで、パッケージが可愛くて、もっと買ってくればよかったな。

IMG_6724.jpg

失敗もあります。バリークレストランで、冷たいものを飲もうと、ドリンクリストにあったベリーズというのを飲んだら、ワインを水で割ったやつだったらしく酔っ払ってしまいました(下の写真)。

昼時、サマスタビレッジ内の「モーベンピックカフェ」に入ってみると、食事メニューがほとんどありませんでした。それでも、大元のモーベンピックが美味しいから大丈夫だろうと食べたパニーニが、レンジでチンしただけ・・・(涙)。どうやらホテルとは別経営だったようで、最後残してしまいました。素直に有名なアイスクリームだけを食べるのが正解でしたね。

IMG_6692.jpg

クタでは、今年オープンしたアルヤドゥタというホテルの部屋を見せてもらいました。広いけど、ドメスティック用の高級ホテルかなあ。屋上プールは日当たり満点でしたが。

IMG_7024.jpg

IMG_7035.jpg

新しいホテルと言えば、今、ヌサドゥアに有名ホテルが2軒建設中で、オープンしたら話題になりそうです。

賑やかなクタの町中を散策していたら、ポピーズ通りに紛れ込んでしまいました。すぐ後ろは、クラクションが鳴り響く車道なのに、裏通りはガムランの音が聞こえてきます。やっぱりマーニは二律背反なバリ島が好きですね。

IMG_6995.jpg

IMG_6996_01.jpg

IMG_7009.jpg

(次へ続く)