2018年夏 バリ島旅行報告〜あえてメインエリアから離れた郊外でのんびりする

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

(前回の記事はこちら)

バリ島に何度も通っていると、だんだんと行く場所が決まってきます。いつも泊まるホテル、いつも行くレストラン・・・。 それはそれで安心なのですが、今回マーニは「行ったことの無い所に行こう」と、あちこち巡ることにしました。初めての事をするのは、緊張もするけどワクワクします。

クロボカンからチャングーに向かうエリアは、田んぼが減ったとはいえ、メインストリートから少し奥へ行くと、まだまだ牛が草を食べるのどかな風景が広がります。風通しの良いテラスがある「チンタカフェ」、自家製の焼きたてパンが食べられる「ワルングッヘ」は、尖った感の抜けた居心地の良い店でした。

IMG_4073.jpg

IMG_4079.jpg

ジャカルタで人気のドーナッツ専門店「ドゥ ダーリンン ドーナツ」がバリ島にも進出したので、食べてみましたが、美味しいけど甘い!苦い深入り系のコーヒーと一緒に食べると良さそうです。スミニャック以外にバリ島内で店舗を増やしています。

IMG_3907.jpg

今回一番の収穫は「ウレカン」です。外観はジャワ風、店内は洋風。出てくるのは本格的なバリ料理で、これが美味しい!ウレカンとは、インドネシア料理で使う石臼(いしうす)のことで、華やかな盛り付けと併せて、新しいインドネシア料理の可能性を感じました。

IMG_3923.jpg

IMG_3937.jpg

インスタグラムの影響で、バリ島の至るところにインスタ映えしそうな壁があちこちに出来ていました。実際写真を撮ってる人がいたけど、あまりにも多いのでなえました(笑)。

IMG_3915.jpg

そういえば、牛丼の吉野家が、スミニャックのトレンディホテルの1階にあるのも意外でした・・・。

IMG_3691.jpg

クロボカンのヘブンブラワホテルに泊まりました。メインエリアから離れているのですが、静かな雰囲気を求めるゲストが多く宿泊していました。

P1280959.jpg

IMG_3978.jpg

そのヘブンブラワの近くにあったのが「ヌード」というレストラン。メイン料理一品500〜1,000円前後と、きどらない価格帯です。ここ数年のバリ島は、高いレストランと安いワルンの二極化で、中価格帯の食堂が少なくなっていましたが、周辺には似たよなうな店が多く、地価の安い郊外に行くとこうしたお手頃なレストランやカフェが増えているようです。

IMG_4037.jpg

メインエリアから離れた郊外は、比較的宿泊料も安いし、人や車でごみごみしてないし、のびのび過ごすことができました。

(次へ続く)