MC無し3時間、ファイナルツアーで安室奈美恵が最後に語った言葉

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、安室奈美恵ファイナルツアー2018〜Finally〜に行ってきました。

マーニ自身はくじ運ないのに、同行者が見事引き当て、5月5日の東京ドームへ。

IMG_3457.jpg

セトリはちまたに溢れているのを検索してもらうとして、アンコールを含む全30曲。安室ちゃんのライブは、合間にMC(語り)が一切なく、最初から最後まで歌とダンスだけの、直球勝負のステージです。

新旧織りまぜながら、内容の濃いステージで(3時間と聞いていたので)最初長いかなと思っていたのですが、終わってみれば、あっという間で感動のコンサートでした。

IMG_3453.jpg

最後の曲が終わり、安室ちゃんが一人でステージの真ん中に出て、お礼の挨拶をしたのですが、その内容に驚いてしまいました。

引退とは言っても、しばらくしたら復帰とは言わないまでも、またメディアに出てくれるだろうと、皆どこかで期待していたのですが、

「9月16日以降、私がこのステージに立つことはありません」

と、きっぱりと断言。そして、引退しても私の曲は残るからこれからも聞き続けてよね、みたいな事を言うのかと思いきや、

「いち音楽ファンとして、皆さんの素晴らしい毎日の中に素晴らしい音楽が常にあふれているよう心から願っています。これからも、ぜひ素敵な音楽に出会ってください」

と、自分のライブで他のアーティストを勧めるかのような、ビックリの挨拶だったのです。

一時代を築いた人間が、自分の時代を総括し、時代が終わるからこそ、新しい幕開けをみんなそれぞれで見つけていって欲しい、というメッセージに「もしかすると、今自分は、もの凄い歴史の1ページに立ち会っているのかもしれない」と、体が震えるのを感じました。

「今ここに立つステージで、新しいストーリーを作ろう」という、楽曲、Finallyの歌詞通り、自身の音楽にこだわり、長いトンネルを抜け、誰にも真似できないスタイルを確立した者の潔い別れは、実に清々しいものでした。

チケットを当てた同行者は、筋金入りのアムラー(死語?)で、最初から最後まで、ずっと泣いていましたが(40歳越えてます・笑)、素敵な時間を過ごせて、安室ちゃん、ありがとう!

IMG_3456b.jpg

IMG_3490.jpg