バリ島のお薦めのお土産〜ジェンガラのフランジパニ型押し石けん

バリ島定番土産として人気の石けんですが、日本に持ち帰って使うにはコツがあることを知っていますか?

バリ島産ソープは原料にココナッツオイル、またはパームオイル(椰子の木のオイル)をベースに自然素材で作っているものが多く、そうした天然成分で出来た石けんは流したときに固まりやすく、そのまま使っていると、洗面所やお風呂場の配管がだんだん詰まってくるのです。

そのため、使うときには普段より多めに水を使うか、定期的に配管クリーニングをしましょう。

そんなメイドインバリ石けんの中で、ちょっと変わっているのがこの石けん(下の写真)。陶器で有名なジェンガラが販売しているナチュラル・ソープでフランジパニの型押しがされているのです。

IMG_0528.jpg

下は本物のフランジパニの花を水に浮かべた写真ですが、石けんもいい線いってるでしょう。こうした表に細工を施した石けんというのは、アジア全体でみてもとても珍しいです。

IMG_0099.jpg

1個約1,000円する値段も値段ですが、使うのがもったいないくらい美しいので、彼女が初めて家に遊びに来たときの「虎の子石けん」としてキープしておきましょう。

ジェンガラ型押し石けん(Jenggala embossed natural soap)
ジェンガラ・ケラミック:Jalan Uluwatu II, Jimbaran, Bali
電話:62-361-703311
URL:https://www.jenggala.com/