大腸のポリープを取ってきました

  • 投稿日:
  • by

前の記事で大腸ポリープの検査を書きましたが、先月末に入院して取って来ました。
これが想像以上に大変でまぁ、辛かったー!

入院するのも久しぶりだし、行くとパジャマに着替えて最初に簡単な検査をするんですが、
ちょっと緊張してたせいか、いきなり血圧が高くて笑った(普段上が100くらいなんだけど、135くらいで)。

翌日の手術に向けて、前日はお昼はおかゆで夜は、ポタージュスープだけと言うストイックな病院食で、お腹は空くし、消灯10時だし、消灯しても廊下の非常灯が明るくて眠れんてー!
って感じだったので、睡眠薬出してもらいました(笑)。

18-09-26-13-43-26-406_deco.jpg

入院初日のお昼。

18-09-26-18-31-01-134_deco.jpg

入院初日の夜ごはん。ポタージュスープと薄いオレンジジュースとお茶。

18-09-27-13-01-56-722_deco.jpg

点滴の針を入れると一気に病人っぽくなる(笑)。

翌朝は下剤を朝から1リットルくらい飲んで、お腹をすっからかんにして、午後から手術に挑みます。

これがESDと言う内視鏡を入れて、レーザーでポリープを切り取ると言う1時間くらいの予定だったのですが、ですが、ですが!

途中でお腹が痛くて目覚め、気分も悪くなって空の胃から泡だけゲーゲー吐いて、本当に辛くて死ぬかと思った!痛いと訴えると鎮静剤を打ってくれるんだけど、3回くらい痛みで目が覚めて、そのたびに鎮静剤追加してもらった(涙)。

腸って痛みを感じないと聞いてたけど、痛かったんだよ、マジで。

で、終わりましたって言われて目が覚めて時計を見たら、初めてから4時間超かかってて、本気で驚いた!

まだ動けないからストレッチャーって言うのかな?あれで病室に運ばれて、看護士さんたちがベッドに移動させてくれた。

なんでもポリープが大きかったから時間がかかったって言うけど、2週間前に検査してるんだからサイズは判っているはずなのに、どーなってんだよ!
まだ水も飲んではいけないのが、また辛くて(泣)。

取ったところもシクシク地味に痛むし、まれに腹膜炎を起こす人もいてそうすると開腹手術になるとか言われて、さらにビビるし、本当に凹んだ1日でした。

通常は翌日1日は絶食して、2日目から回復食になるらしいんだけど、私の場合は血液検査で白血球の数値が上がってるから、もうちょっと様子を見ようと言われ、結局4日間絶食!
入院した日もほぼ食べてないようなもんだから、けっこう辛かったわ、この食べられないって言うのも。

一回、点滴を入れてくれない日があって、案の定、低血糖で体が震えて来たから、調べてもらったらやっぱり血糖値が落ちてたので、ブドウ糖打ってもらってちょっと落ち着いたりと、まぁいろいろありました。

そんな中でも二人個室にしていた、同室の女性がすごく良い方だったのが癒しになりました。
若い頃に海外駐在されていたせいか、年齢はウチの母を同じくらいなんだけど、聡明でボキャブラリーも豊富で、読書家でお話しがとにかく面白くて。

あぁ、年をとってもこう言う女性でありたいなーと感銘受けました。

カーテンで仕切ってると圧迫感があるから、二人で日中は開けてお話ししたり、私が食事が出来るようになったら、一緒におしゃべりしながらごはんを食べて、本当にそれが息抜きになって助かりました。

まぁ、病院の食事って味気ないものだけど、5日目のお昼に出たのが、これ。

18-10-01-13-46-16-357_deco.jpg

おかゆは三分粥だから、サラサラで消化の良いものばかりですが、口から食べ物を入れるって本当に体に染み込むのが分かるのよね。

18-10-02-22-08-24-953_deco.jpg

18-10-02-22-10-43-845_deco.jpg

18-10-02-22-13-26-821_deco.jpg

こんな感じで徐々に、固形物も増え、本当に美味しくないんだけど、食べないと体力が回復しないから、無理くりたべた(笑)。

2キロくらい体重が落ちたので、もうヘロヘロ〜で。

結局、1週間の予定が、8泊9日の入院生活となりましたが、健康ってホントに大事ですね〜。

帰宅してから1週間は重たいものや運動、刺激物、アルコールは禁止だったので、これがまたきつく。
2週間も禁酒したの人生初じゃね?(笑)

おかげさまでなんかデトックス出来て良かったけど、もうあんな思いはゴメンだわー。

来週、ポリープの病理検査が出るので、悪性でない事を後は祈るのみです。

みなさんも人間ドック、受けてチェックしましょうね!
そろそろ私は乳がんと子宮の検査も行かなくては!