身体のメンテナンス

  • 投稿日:
  • by

毎年、人間ドッグには行ってて、これまでに慢性胃炎の原因のピロリ菌を除去は成功し、とりあえず、胃はOK。

一昨年、大腸潜血反応があり、痔のせいじゃないかとか思って放置してたら(笑)、翌年もやはり潜血反応が出たので、地元の病院で大腸内視鏡検査をしてもらったら、ポリープがたくさんあって、小さいのはその場で取れたんだけど、2cmくらいのは取れなく組織検査したところ、ポリープ自体は良性なので、ほっておいても問題はないけど、こう言うのがガン化する可能性が高いので、別のA大学病院外科の消化器外科を紹介される。

腹腔鏡手術で取る方法らしいのだけど、行ってみたら、このサイズならお腹に穴を開けなくても、内視鏡のレーザーメスで取る最新の方法があるから、身体の負担が少ないそちらが良いよと、その設備があるB大学病院の消化器内科を紹介される。

それで、もう一度、ポリープの状態を検査するために昨日は、朝からモビップレップって下剤を飲んで腸を空にして、大腸内視鏡検査に行って来ました。この液状の下剤が塩水みたいな味で、地味に不味くて1リットルとか1時間かけて飲むんだけど、マジきつい。

前回は、マグコロールPって言う下剤で、これは比較的、ポカリっぽくて飲みやすかったんだけど、モビップレップは重くて塩味がきつくて海水飲まされてるようで、けっこう辛かったわー。

んで、地元の病院の時もゆるい麻酔はしてもらって検査をしたんだけど、いつ下の穴(爆)からカメラを入れられたのか(笑)全くわからないんだけど、意識はしっかりしてたから、先生とモニターでカメラの画像を見ながら話しをする余裕もあったんだけど、今回は点滴から注射で麻酔され看護婦さんが「眠くなったら寝てくださいね」って言われた数秒後にもう全然記憶がなくて、「終わりましたよー」って言われてやっと目覚めた感じ。

たぶん検査時間は30分くらい掛かってて、担当医さんに「はい、このサイズならレーザーで取れるので、当日処置をしますね」と言われ身支度を整え、まだ麻酔が効いてるので隣の休憩室みたいなところで暫し休憩。

しかしあれよね、体の為なんだけど乙女としては充分な羞恥プレイと言うか、結構辛いこの検査。

本番(笑)に向けて、月末から1週間くらい入院して処置しなくてはいけないので、今からドキドキなんだけど、無事にポリープ取れますように。