ウパチャラに遭遇

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

朝から、チャリでニュークニンを巡り、ロカフォーレトゥーゴーでランチして、コンフィチュールドバリで、ジャムを買ったら、ちょっとお茶でもと、ウブドに出来てたウォータークレスカフェに行ってみました。

スミニャックのカフェもそうだけど、白人で混んでますね、ここ。
ウォータークレスカフェ・ウブドのレビューはこちら

そこでホテルのプールで一泳ぎすると言うマーニと分かれ、私は前から見てみたかった、モタマ ヴィラ(Motama Villa)に行くことにしました。

ハノマンを下って、スグリワからヨガバーンの裏口を過ぎた辺りにモタマはあります。

Jl.Sukuma Kesumaに入ったところで、ガムランが響き渡り、ウパチャラに遭遇しました。

20170314_01.jpg

色とりどりのガボガン(頭に載せた神様へのお供え胃)に、オレンジのクバヤで女性は揃えているようです。カラフルでステキ。

20170313_02.jpg

側にいたおじさんに動画を撮っても良いか聞いたら、気軽に「いいよ!」って言ってくれたので、ムービーで撮ってみました。どこかでアップします(笑)。

→こちらのガムラン隊のムービーも見てね!

ガムランの響きっていいなぁ〜、やっぱり。

そういえば、今、来日しているサウジアラビアの王族ですが、先週はバリにけっこう長く居たんですよね。
空港閉鎖とか、ヌサドゥアの高級ホテルを貸し切りとか、旅行者にはけっこう迷惑な事も多々あったようです。

後は、バリ舞踊を見るのに、目以外は見えない特別な黒い服を来せられて演奏させられて、バリの人達はおかんむりだったとか。

宗教上、肌を出すのはダメなのは判るけど、それで他国の文化を尊重してると言えるのか、なかなか難しいところですね〜。

敬虔なイスラム教なので、いろいろ気楽に育った日本人には理解出来ないところもあります。