テタスパでフライト疲れをいやす

2018年2月のバリ回想録です。
初日はクタのヴァサンティクタに泊まって、翌日はチェックアウトしてテタスパへ。

R0052610.jpg

この日はフットマッサージとクリームバスを同時に二人のセラピストに施術してもらうシーオブラブデュオを受けます。

R0052618.jpg

ちょうど、朝から雲行き怪しくてスパルームへ入った頃はポツポツと。
この右側がビーチなんですよ。

IMG_20180215_125416_01.jpg

シャンプーしてから頭部はヘッドマッサージです。頭のコリがほぐれて気持ちよかーw

その間、足は別のスタッフががっつりと揉んでくれます。

そしてこの頃はスコールで土砂降り(笑)。

IMG_20180215_132406.jpg

腕のマッサージもついてるので、至れり尽せりの極楽タイム。
飛行機に乗った後はなんとなくだるいので、マッサージしてもらってリフレッシュ出来ました。

IMG_20180215_140717_01.jpg

終わったらキャンペーン特典の美味しいスイカジュースのサービスが!

なんで2個あるかと言うと、一緒にいつもお世話になってる某しゃっちょーさんも一緒にスパを受けてたから(笑)。
会話の内容が野球とか競馬になりがちな、さんおつコンビなので、ビールといきたいところだったけど、まだ昼だし、マッサージ後は血行が良くなっててアルコールが回りやすいので、自粛しました。(^^;;

テタスパは空港近くで、帰国日なんかにも便利ですよ。

line_giza02_15.gif

そういえば、平成から令和に変わり、長いGWも終わりましたね。
今年はバリ島へ行かれた人も多かったようで、楽しいバケーションになりましたでしょうか?

私もようやく今月バリへ行くことが決まってワクワクしてます!

早朝はクタビーチへジャランジャラン

2018年2月のバリ回想録です。

ヴァサンティクタに泊まって翌朝はちょっと早起きしてクタビーチへ行ってみました。

R0052533_01.jpg

朝は昔ながらの路上でナシジェンゴやお惣菜を売ってるおばちゃんがいます。
通勤通学する人がここで買っていくんですよね。

ビーチまでは5分くらいなので、すぐ海に到着です。

IMG_20180215_094419.jpg

ホリデーイン所有のジュクンは信号機みたいな色(笑)。

R0052543.jpg

ちょっとこの日は曇り空でどんより。雨降りそう。。。

IMG_20180215_094415.jpg

みんなが寝ている間にもうビーチは掃除中です。

R0052545.jpg

ゴミもそうだけど、結構な流木が流されてきてるんですよね。

R0052549.jpg

朝のお祈りでチャナンが既に供えられていました。

ちょっと聞いた話ですが、何も知らない観光客が歩いていてチャナンを蹴ったら、お供えを蹴ったので、お詫びとしてお金を請求してくる輩がいるそうなのでお気をつけて。

普通のバリ人はそんな事しない良い人が多いのですが、まれにお金目当てでいちゃもんつけてくるインドネシア人もたまにいるそうです。

コージーなヴァサンティ クタ ホテル

2018年2月のバリ回想録です。

ワルンスーンキーで腹ごしらえをしたら、ホテルへチェックイン!
バリ島初日のお宿は空港からすぐのバジェットタイプのホテル
「ヴァサンティ クタ ホテル (Vasanti Kuta Hotel)」にしてみました。

以前、クロボカンにあったヴァサンティがなかなか良かったので、泊まってみましたが
内装やデザインもそっくりでした。

R0052510.jpg

価格の割にお部屋が広くて良い!

R0052494.jpg

ベッドルームの隣に狭いながらもソファスペースがあるんですよね。
ま、カーテン明けたら隣のホテルとこんにちは!しちゃうのですが、
ホテルが密集しているクタなのでそれはまぁ仕方ないですね。
一晩、クリーンで安全なホテルに泊まれるのは言う事なし。

R0052501.jpg

バスルームはシャワーのみですが、熱いお湯が豊富に出ましたので合格!

明日は午前中にチェックアウトしてテタスパへ行く予定なので、この日は大人しく荷物を整理しておやすみー。

▶ヴァサンティ クタ ホテルの宿泊レビューはこちら

line_giza02_15.gif

ところでそろそろ長いGWがやってきますね。
私は日本でちょっと帰省する予定くらいでノープランなんですが、今年はバリへ行く人は多いですよ!
既にスパや最終日のデイユースホテルは満室のところが多くなっているので、まだ予約していない方は
お早めにご予約された方が良いですよー。
送迎やカーチャーターも車がない場合があるので、ご注意くださいね。

2018年2月のバリ回想録です。
バリ島に到着して友人にお迎えに来てもらって、ホテルチェックインもしないままに夕食に向かったのが、トゥバンの「ワルン スーン キー (Warung Soon Kee)」ってお店でした。

IMG_20180214_232717.jpg

バリではよくあるチャイニーズインドネシアンレストランで、ラオタとかフラマ、フェイルーンなんかも有名ですが、こちらスーンキーは初めてでした。

IMG_20180214_213537.jpg

ま、まずは無事の到着を祝ってビンタンビールで乾杯!
円卓の真ん中のテーブルが回るのが中華!って感じだけど、これって日本発祥らしいですよね。(^^)

IMG_20180214_213350.jpg

メニューは日本語はなかったけど、言えばあるのかも?早速、カイランが食べたいゾ!

IMG_20180214_213612.jpg

IMG_20180214_213616_01.jpg

写真入りメニューで値段も書いてあるので、安心ですね。
北京ダックとかの高級料理から、店内にある水槽からシーフードを選んだり、メニューは豊富です。

IMG_20180214_214627_01.jpg

テーブルにサンバルがあるのが、バリらしい。
これを豚バラ肉のローストに付けて食べるとウマウマ!

IMG_20180214_214413.jpg

こちらアヤムスーンキーと言う、蒸し鶏なんだけど、ふっくら柔らかくて美味しかったな。

IMG_20180214_224416_01.jpg

でもなんと言っても美味しかったのが、この海老ワンタン!
本当は麺の入った海老ワンタン麺が食べたかったんだけど、自家製麺はすでに売り切れててスープだけいただきましたが、海老がプリップリでホントに美味しいの。

今度、バリに行ったらこの海老ワンタン麺だけを食べにスーンキーへ行きたいわ。

ワルンスーンキーの地図は電話番号など、詳細はこちら
その他の食べたモノや料理の価格はレビューをご覧ください

バリにいきたい〜

去年の後半はヨーロッパに行ったり、大腸ポリープで入院したりで全然バリへ行けなかったし、CIBでは、ホテルやスパの4月からの料金の書き換えもだいたい落ち着いたので、そろそろ次のバリ行きの準備をしようかな〜と。

IMG_20180214_081345.jpg

去年は羽田からSQ631で行ったんですよね〜。
朝早いけど、成田へ行くよりも横浜の自宅からだと羽田の方がやっぱり近くて楽なんですよね。

シンガでのトランジットは1時間なんですが、まぁまずSQが遅れる事って少ないし、万が一ディレイがあったとしてもシンガでバリ行きのフライトは変えてくれると言う安心感もあります。

19時にはバリ島着なんで、ゆっくりその日は寝られますしね。

IMG_20180214_081511.jpg

羽田からは富士山もくっきり!

IMG_20180214_114731.jpg

機内食は鶏肉の照り焼きとそうめんだったかな?!
それにしてもきれいな錦糸卵ですこと(笑)。

じゃバリ行きのエアーチェックでもしようかな!

ムリアからNEWS

昨今、禁煙エリアが増える日本ですが、世界的にもその傾向は強いですよね。
でも私の周りには愛煙家も多いんですよね。(^^;;
R0000138_01.jpg

そんな愛煙家の方に朗報なのですが、ムリアでリクエストがあれば喫煙可能なお部屋にアサインしてくれるそうです。

R0000242_01.jpg

表立って喫煙ルームと言う設定はないようですが、ほらこのホテル広いから喫煙場所まで行くのが遠くて大変と言うゲストもいらっしゃるようで、スペシャルオファーが可能になったようです。

R0000338_01.jpg

次回のバリ島のホテル選びで喫煙者がいらっしゃる場合はご一考を!

ご予約の際には、必ず喫煙ルームをお願いと一言お願いします。

ザ ムリア、ムリア リゾート&ヴィラス、ヌサドゥア バリ (The Mulia, Mulia Resort & Villas, Nusa Dua Bali)のご予約、詳細はこちら

杉からヒノキへ

なんだかブログが病気ネタ続きでスミマセン。(^^;;
先週木曜日、なんか左頬の中が痛み出し、頭痛まで広がり気分も悪くなってダウンしてました。

痛みの場所から副鼻腔炎かなと思って、病院に行こうと思ったら生憎、木曜日って病院が休みのところが多くて、どこもやっていない(涙)。

とりあえず薬局でバファリンを買って飲んで、様子をみることにしたんですが、この顔面の鈍痛が完全には治らないし、効いても3時間くらいで切れちゃう有様で、ほとんど眠れずもんどり打ちながら、痛みに耐えて朝を迎え、ほぼほぼ廃人(笑)。鏡を見ると顔がおたふくみたいに腫れてるし、もう誰?って感じだし。

ネットでググると、副鼻腔炎で頬から鼻の周辺に痛みを訴える人は意外に多く、その痛みはやはり鎮痛剤では効かないって書いてあって納得しました。

もう本当に痛くて仕方なかったので、朝一で近所のかかり付けの耳鼻科に行って、レントゲンを撮ってもらったら、副鼻腔炎自体はそんなに酷い状態ではないので、投薬で治るでしょうから、様子を見ましょうって事になりました。

とにかく痛いから強めの痛み止めを出してもらって、それでだいぶ緩和されたんですが、それでも完全に痛みは取れないと言う、おそろしき副鼻腔炎の痛み!

私の場合、子供の頃から耳〜鼻が悪くて、慢性アレルギー性鼻炎との治療続きだったんですが、こんな痛みを伴ったのは初めてで本当にビックリでした。

そこで思ったのが、今はちょうど花粉の季節!先生がおっしゃるには今年はもうヒノキが飛んでるから、副鼻腔炎もあるけど、その影響で強いアレルギー反応で痛みがひどくなってる影響があるんじゃないかと。

確かに目も痒いから、眼科で処方してもらってるアレルギーの目薬は既に毎日刺してたのに、ここ数日、油断して、外出する時にあんまりマスクをしていなかったから、バンバンにヒノキやらスギやら花粉を体内に取り込んでしまったんでしょうね。。。

それでも薬を飲んでても微妙に痛むから、色々ググってたら、ひどい副鼻腔炎の人がオススメしてたのが、鼻うがい。

以前に買った某メーカーの、鼻うがいのタイプは持っていて、やってはいたんだけど、容器を押しても、鼻の中に液体がなかなか流れないから、むつかしくて洗った感がなかったんですが、このハナクリーンSってのは、口コミも相当良く、副鼻腔炎や花粉症で辛い思いをしてる人たちが、かなり愛用してる模様だったので溺れるものは藁をも掴む心境で、買ってみたんですね。

71uBjlEAtfL._SL_.jpg

そしたらコレが本当に優れもので、ノズルがシャワータイプになってるから、本体を押すと圧力で、鼻の奥まで溶液がシャー!って流れて、片方の鼻や喉から、洗い流された水が出る出る(笑)。

どなたかが初めての人は体が濡れても良いように、お風呂場でやると良いって買いてあったのもとても参考になり、お風呂に入る時にやってみたら、思い切って噴射出来た次第(笑)。

これは花粉症に悩む方にも絶対にオススメです!お試しください。

それにしても花粉症って日本だけでなくて世界中にあるんですよね。
実はスギ花粉は大丈夫としてもイネ科のアレルギーがある人は、バリ島でも反応するみたいなので、旅行に持っていけるサイズなのもGood!ですよ。

サチータさんがやってくる!

一年中をほぼ海外で過ごす友人のサチータさんが、久しぶりに東京にやってきます。
いつも彼女のFacebookで旅の軌跡を見ているので、なんだかずっと会っていないと言う感覚も薄れるのですが、1年振りってあっと言う間ですね。

彼女は優秀なタロット占い師でもあり、初めて会ったのがバリ島でした。
私はあんまり占いって信じる方じゃないんですが(失礼!)、サチータさんのタロットリーディングは、なんでこんなことが判るの?!の連続で、その時は、本当に不思議な体験でした。

それ以来、自分では対処出来そうにない重たい事案が我が身に降りかかってくると、会えない時は、さっちゃん(サチータさん)にネットを使って相談したりもしてるんですよね。(^^;;

タロットカードって同じカードが出たとしても、それを読み解く能力、センス、アドバイスが大事なようでさっちゃんはそれが上手いんだと思います。

マーニのブログに詳細が書いてあるので、何か占ってもらいたい方は見てみてくださいね。

IMG_20180216_065943_001.jpg

前回、大変好評をいただいたので、ソハムスパの無料モニターキャンペーンの第二回が決まりました。

Aコース:「ベスト・オブ・アーユルヴェーディック」
・フットウォッシュ(5分)
・アビヤンガマッサージ(60分)
・シロダーラ(30分)
・ウブタン・スパイスミックス・ボディスクラブ(25分)

Bコース:「リラックスコース」
・バリニーズマッサージ(60分)
・バリニーズ・ココ・ヘア&スカルプノーリッシュメント(60分)

こちらのどちらかご希望のスパを無料で受けて、後ほど簡単なアンケートに答えていただく内容です。

2月3月、バリ島へ行かれる方、どしどしご応募をお待ちしております。

➡️詳細はこちら

IMG_20180217_165038.jpg

今年もよろしくお願い致します

平成が終わり、新しい元号になる2019年!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

HDK_20181225101115.jpg

去年は結局、1回しかバリへ行けなかったのは、6月にロンドン、パリ、サンセバスチャンとか行ったからと、秋は大腸ポリープの検査、入院、手術があって旅行どころではなくなり。。。

今年はまたゆっくりバリ島へ行きたいと思います。
あの湿った温かい濃密な空気が懐かしいと言うと、バリ在住の友人は「暑くてかなわん!」
って言われます(笑)。