スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2014.12.02

バリの食事

バリ人、インドネシアの主食は、私たち日本人と同じ米です。バリの人たちはこの白いご飯(ナシ・プティ)が大好きで、これに合わせておかずを食べるので日本とよく似た食事です。また、余ったご飯を炒めるナシゴレンは日本の焼き飯にも似ていて、日本人観光客がまず食べる一番人気のメニューです。麺類も豊富で焼きそばに似たミーゴレンは、甘辛い味付けでこれも日本人に人気があります。海に囲まれたバリ島はシーフードも豊富なので、一度はトライしてみましょう。

  

インドネシア料理というと「辛い」というイメージがあります。はい、実際辛いです(笑)。しかし唐辛子の効いたスパイシーで辛い料理は、本格的な一部のバリ料理で、他はそれほどでありません。例えば、前述のナシゴレン、ミーゴレンは辛くありません。インドネシア、バリと言っても、地方によって様々な料理があり、また外国人旅行者の行くような普通の町中のレストランや、ホテルの食事では、辛さは自分で調節できるよう唐辛子が別皿で出てくるので大丈夫です。一般的に私たち旅行者が口にするインドネシア料理は、甘辛い味付けと言えるでしょう。

観光客として一番利用するのがホテルのレストラン、そして街中のレストランでしょう。これらのレストランは現在では衛生管理もかなり改善され、日本で外食するのと同じ感覚です。

現地の人に交じってローカルな食事を楽しみたい場合は食堂がおすすめです。現地語では「ワルン(Warung)」と呼びます。日本語で言えば、定食屋、おかず屋といった類。最近はインターネットの広まりで、どんな小さなワルンでも評判になると観光客が探して行くので、噂のワルンを求めて旅する旅行者も増えています。衛生状態は、火が通ったものならだいたい大丈夫ですが、生ものや氷が入った飲み物などは避ける方が無難でしょう。もし、一度に色々な種類のインドネシア料理を食べたい時は、「リスタフェル」と言われる少量ずつたくさんの料理が出てくる料理スタイルもあります。

また、世界中の国の人が集まるバリ島は、世界各国のレストランが揃っていることも魅力の一つです。中華、イタリアン、フレンチはもちろん、韓国、トルコ、ベルギー、ギリシア、インド、地中海、モロッコ、そして和食と、豊富なレストランがあります。ファーストフード、カフェなども充実しています。

  

バリ島に行ったら、普段日本では滅多に体験できない屋外のテーブルでの食事、海や渓谷など眺めの良い場所、サンセットを見ながら、朝日を見ながら、また部屋でのルームサービスなど、ぜひ食の体験を広げてみてください。

ジンバランビーチのシーフードBBQや、ウブドのイブオカのバビグリン等、人気の食事スポットも要チェックです。

お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アマデア・リゾート&ヴィラズ

アメティス・ヴィラ・バリ

テーマ

バリの基本情報
バリ島のエリア別観光案内
インドネシアの出入国とバリの空港
バリ島内の交通
インドネシアの通貨と両替
バリ島のホテル
バリ島のスパ、エステ
バリ島のグルメ、レストラン、ワルン、カフェ
バリ島の観光、お土産

PAGE TOP