スタッフが見て体験!おすすめバリ島旅行情報&予約サイト

無料会員登録

ログイン

2014.12.02

バリの芸能

バリに来たら一度は見たいのが、バリ舞踊でしょう。ここでは大きく分けて、どのような舞踊を見ることができるか挙げておきます。

◎ケチャックダンス

100人くらいの上半身裸の男性ダンサーが集まり「チャ、チャ、チャ」と言うかけ声をリズミカルに合唱しながらダイナミックに展開して行く舞踏劇です。古くは神様への捧げものとして踊られていたと言う事ですが、現代は昔バリに住んでいた、ウォルター・シュピースと言うドイツ人が形作っていった「ラーマヤナ」の物語をメインにストーリー展開されています。

一度は見ておきたいケチャは、夕陽をバックに壮大な舞踏が見られるウルワツのケチャです。高さ約70mもの断崖絶壁に建つウルワツ寺院はバリ島3大寺院の一つに挙げられる、10世紀頃に建てられた伝統ある寺院で、敷地内には神の使いとも言われる野生の猿が多く生息しています。

◎バロンダンス
大きな獅子舞のような聖獣バロンと悪の象徴ランダと言う魔女の終わらない戦いを描いた舞踊劇。観光客用にコミカルに演出されているのがほとんどですが、大人も子供も楽しめるカジュアルな劇です。途中にレゴンダンスなどの踊りも入るので、まずバリに行ったら見ておいて損はない舞踊です。

◎レゴンダンス

ガムランの生演奏の中で繰り広げられる、きらびやかで最も美しいバリ舞踊でしょう。元々は宮廷で披露されていた踊りが、今は観光客が気軽に見られるようになっていて、特にウブドでは毎晩どこかのお寺でいろいろなグループが公演を行っています。スケジュールや値段は変わる事があるので、南部のホテルから行く場合は旅行代理店で予約したり、ウブドにいる場合は、宿の人に調べてもらうと良いでしょう。
またガムランと呼ばれる特殊な楽器演奏、絵画、彫刻などの芸術も広く普及しています。バリ島に来たら、ぜひどれか一つは見に行ってください。日本では体験したことのない驚きがあります。

こうした伝統芸能は、毎日、バリ島の各地で行われています。ただしウブドの一部を除き、たいてい車が必要な郊外にあります。そのため、旅行代理店のそうしたオプショナルツアーを使って見に行くのがベターです。

▶ バリの芸能、文化のアクティビティの詳細、ご予約はこちら


お見積もり&ご予約

バリ島現地予約代理店インダサリリゾート(PT. INDAH SARI RESORT)バリ島現地  日本語ダイヤル62-361-288564

  • メールでのお問い合わせ
  • ホテル&ヴィラ用フォーム
  • アクティビティ&送迎&チャーター用フォーム

アマデア・リゾート&ヴィラズ

アメティス・ヴィラ・バリ

テーマ

バリの基本情報
バリ島のエリア別観光案内
インドネシアの出入国とバリの空港
バリ島内の交通
インドネシアの通貨と両替
バリ島のホテル
バリ島のスパ、エステ
バリ島の観光、お土産

PAGE TOP